ホームブログ一覧「京都田の字研究会」のブログ一覧京都ゆかりのノーベル賞を調査してみた! ~島津製作所~
御幸町らいおん
京都田の字研究会
御幸町らいおん
2015/11/10

京都ゆかりのノーベル賞を調査してみた! ~島津製作所~

京都ゆかりのノーベル賞を調査してみた! ~島津製作所~


田の字の3画目と4画目の交差点あたりからこんにちは、御幸町らいおんです。

ちなみに3画目はタテのほう。
烏丸通り→御池通りの順で書くのが正解です。


※ what's 田の字?
  https://www.agex.co.jp/blog/tanoji/257/


祝!2015年ノーベル賞W受賞

先日、2015年ノーベル賞の受賞者が発表され、
日本人の連続受賞に、列島が沸きました!

大村智さん(生理学医学賞)、梶田隆章さん(物理学賞)
大村智さん(生理学医学賞)、梶田隆章さん(物理学賞)


我らが京都にちなんでみると、

iPS細胞を発見した、京都大学の山中伸弥教授

の生理学医学賞が記憶に新しいところ。

だけど残念、京都大学は惜しくも田の字圏外。



うーん、田の字にゆかりのあるノーベル賞ってないのかなあ。。(そんなに都合よくあるわけないか…)

と、だいぶダメモトで調べてみたところ、、、

なななんと!


田の字発のノーベル賞が、あったーーー!(°_°)


ノーベル賞受賞者を生んだ、島津製作所

田の字発のノーベル賞は、2002年の化学賞。

…えーっと、誰だったっけ?


正解は、、

島津製作所の田中耕一さん!


田中さんが勤める島津製作所は、1875年の京都で創業。
創業の地には現在、島津製作所創業記念資料館なるものがあるとのこと。


ノーベル賞ブームに乗っかって(?) 、

いざ、島津製作所創業記念資料館へ!

木屋町二条にたたずむ資料館。高瀬川沿いのいい感じのところにあります。
木屋町二条にたたずむ資料館。高瀬川沿いのいい感じのところにあります。
創業者の島津源蔵はもともと仏具製造業の家系。一念発起し、理化学器械の製造業へ転身!
創業者の島津源蔵はもともと仏具製造業の家系。一念発起し、理化学器械の製造業へ転身!
レントゲン・気球・マネキン・蓄電池、、、日本初はすべて島津製作所から(°_°)!ごいす~
レントゲン・気球・マネキン・蓄電池、、、日本初はすべて島津製作所から(°_°)!ごいす~
近代科学技術の歴史や、ノーベル化学賞技術の解説。田中耕一さんのメッセージも。
近代科学技術の歴史や、ノーベル化学賞技術の解説。田中耕一さんのメッセージも。
おとなも楽しい体験コーナー。小学生の自由研究にもぴったり◎
おとなも楽しい体験コーナー。小学生の自由研究にもぴったり◎


京都というと、お寺や神社といった文化財のイメージが強いですが、実は歴史的に、世界に誇る最先端技術を数多く生み出してきた土地なのです。


日本で初めて映画が上映された、立誠小学校

そこで、京都ゆかりの科学技術をもう一つ。

資料館から高瀬川沿いに、自転車で南へ5分。
レトロで趣ある校舎が見えてきたら、それは旧立誠小学校です。

実はこの小学校の敷地、

日本で初めて、映画が上映された場所!



↓ 毎年、京都国際映画祭の会場になったり、

京都国際映画祭で、お祭りムードな旧立誠小学校(売れてない吉本芸人さんも来ます)
京都国際映画祭で、お祭りムードな旧立誠小学校(売れてない吉本芸人さんも来ます)


↓ 一部の教室がミニシアターとなっていて、ほぼ毎日、映画が上映されています。

校舎3階の立誠シネマ。リノベートした教室で映画が楽しめます。
校舎3階の立誠シネマ。リノベートした教室で映画が楽しめます。



秋の京都で紅葉狩りを楽しんだ後は、

千年の都で生まれた最先端技術に触れ、
日本映画史に刻まれた地で、ヒストリカルな映画に浸る。

ひゃん、すてきな週末の予感~!

weekdayの楽しみは、
weekendの妄想につきますね。ふふふ
それではみなさん、アディオ~ス



------------------------------
▼島津製作所 創業記念資料館
http://www.shimadzu.co.jp/visionary/memorial-hall/index.html
▼立誠シネマ
http://risseicinema.com/
▽田の字マップで場所を確認(絶賛β版☆)
https://www.google.com/maps/d/viewer?mid=zaTINf0-zHYw.kNHu3wr_koHA

このエントリーをはてなブックマークに追加