agex 2020.06.12

緊急事態でリモートワークやってみた導入事例 3選!

こんにちは、採用担当の秋吉です。

agexでは新型コロナウイルス対策としてリモートワークを実施しています。
私たちにとって初めての試みでしたが、スタートして数ヶ月が経ちましたので、
社員の反応や社内がどのように変わったかなど、良い機会なのでまとめたいと思います。

●VPN経由で環境は変わらず快適リモートワーク!


今回は、緊急的かつ暫定的な対応として、可能な限りセキュリティを維持した上で業務が行える環境(多少の業務ロスを許容)を整えるという考えで、VPN経由で会社にアクセスするという形で実施しました。結果、多くの方は今までと変わらない環境で業務をしています。また、出退勤や諸々の申請もオンラインで実施できるよう整備しました。

●オンライン説明会~面接、採用活動もリモートで!


社内に即席で配信ブースを設置して、オンライン説明会を実施しました

説明会~選考をオンラインにしたことで、地方の学生さんにも気軽に参加してもらえました。初めての経験で私たちも試行錯誤しながら準備をしましたが、ありがたいことに学生さんの満足度も高く、オンライン説明会の可能性を感じました!
とはいえ、やはり直接話したりオフィスや社員を見てもらえないため、カルチャーフィットの見極めや魅力付けが課題に残っているよう感じています。22卒採用も始まりますが、ウィズコロナの中、学生さんたちが安心して選考に参加してもらえるよう検討を進めていきたいと思います。

●オンラインランチ会を開催しました!


それぞれ「外出自粛解除後に行きたいところ」を背景に設定しています!(自然が多めですね!)

久しぶりに顔を合わせるメンバーもいたり、あっという間の1時間でした◎

●リモートワークどうですか?社内の声をいくつか聞いてみました!

<良かった点>
○通勤ストレスから解放
○仕事がめちゃくちゃ捗る、集中できる
○自分の好きな環境を構築できる(明るさ、温度、湿度など)
○周りに気を使わなくていいので集中して仕事ができる
○家族との時間が増える
○体調が悪い時に周りに気を遣わせない&自分も無理をしない

全体的な感想として「通勤ストレスから解放された」という声が聞こえてきました。普段通りに起床して、通勤時間を家事や優雅なモーニングにあてたりして、気持ち良く始業できるのも、仕事が捗る一つのポイントでしょうか。
また、家族とのコミュニケーションが増えたり、自炊で健康的な生活になったり、仕事以外の時間が豊かになったという人も多いようです。

<悪かった点、懸念点>
×ちょっとしたコミュニケーションがとりにくくなった
×VPNが重い
×さみしい
×運動不足になる
×良い椅子を買わないと腰が痛くなる(家の設備)
×on/offの切り替えが難しい

リモートワークをしてみて圧倒的に多かった懸念が「コミュニケーション面」についてでした。雑談文化を大事にしているagex、やっぱり家でずっと一人でもくもく考えるのは思考が滞ってしまいますよね。(そしてさみしい)
本部では「雑談広場」というチャットルームを作り、作業用BGMの紹介など自由に発言しています◎

●現状の課題や今後やりたいこと

・VPN重い問題
・ウィズコロナの働き方の再考
・事務処理のペーパーレス化
・各家庭の仕事環境構築のサポート(ネット、電気代、モニタなど)
・リモートワークとオフィスワークのバランス(リアルなコミュニケーションとのバランス)など

大半は会社にいる時と同様に業務をすることができていますが、目の前の課題としてVPNが重いことや自宅でのネットワーク環境の未整備などを解消しつつ、将来的には、セキュリティ的にも実施できる業務内容的にも、オフィスや自宅など場所は関係なく業務ができる環境を目指していきます。

この記事をシェアする
経営本部人事

RECOMMEND

おすすめ記事