システムソリューション事業 2020.04.28

【広島カープ × DeepL翻訳】 カープファンがAI翻訳に挑んでみた話

システムソリューション事業部の広島カープファンが、世のWebサービスとカープの魅力を同時に紹介しようとしているブログです。

こんにちは。
最近、カープ公式Youtubeで配信される、選手の練習動画に癒しを感じている須田です。
(ただただ選手が練習している様子が見られる動画です。)

今日ご紹介したいのは、言語翻訳サービスのDeepL翻訳です。
このDeepL翻訳、精度が高すぎると話題。話し言葉や方言といった独特な文章も、自然な文章に翻訳してくれるサービスです。
実際に他社の翻訳サービスとの比較テストを実施した結果、圧倒的に評価が高かったようです。

出典:https://www.deepl.com/blog/20200319.html(公式HP)

色々な人がその精度の高さをブログなどで紹介しているのですが、私が挑戦したいのはコチラ。

『カープならではの用語も、DeepL翻訳で翻訳できるのか。』
(おそらくまだ誰もやっていない、はず)

それでは早速。


① 赤ヘル
カープの通称。チームカラーの赤を塗装したヘルメットが由来。

いけてる!ヘルをちゃんとヘルメットにしてくれている!すばらし!
某翻訳サイトを使うと「red hell(赤地獄)」になりました。(それはそれでいつしかのカープを表しているような…)

 

② マエケン体操
かつてのカープのエース、前田健太投手が投球前に行う独特な体操。

いけてるー!!マエケンをちゃんと固有名詞にしてくれている正確さ!

 

③ 神ってる
2016年流行語 年間大賞を受賞。当時の緒方監督が2夜連続でサヨナラHRを放った鈴木誠也選手を称え、発した言葉。

アメイジング!使うシチュエーションもばっちり押さえた神ってる翻訳。

 

最後に、応援歌である「それ行けカープ」も翻訳してみました。

いけてる、いけてないではなく、もはやかっこいい。

 


検証の結果、カープならではの用語もしっかり翻訳してくれました!
カープファンの心をガッチリ掴んだDeepL翻訳。今後積極的に利用したいと思います◎

翻訳は無料で行えますので、是非難しい日本語を投げかけてみてください!
気に入った方はDeepL Proという有料プランもあるようです!有料プランに入ると以下のような事ができるみたいです。

●入力文書の機密性の確保
●オンライン翻訳の上限解放
●API利用の許諾

詳細は公式ホームページからご確認ください!

 

・ 有料プランで出来るようになること


出展:https://www.deepl.com/pro.html(公式HP)

 

・ 料金表(個人向け)


出展:https://www.deepl.com/pro.html(公式HP)

 

30日間はお試しができるみたいです。

ということで、DeepL翻訳の紹介でした!

▼ DeepL翻訳
https://www.deepl.com/translator
▼DeepL Pro
https://www.deepl.com/ja/pro.html
▼公式ブログ
https://www.deepl.com/blog.html
▼ よくある質問
https://www.deepl.com/pro-faq.html

今回は以上です。

この記事をシェアする
事業について詳しく知る

システムソリューション事業について詳しく知りたい方はこちら

RECOMMEND

おすすめ記事