コンサルティング事業 2020.02.20

打ち上げ成功させるまでがプロジェクトですよ

打ち上げとは、プロジェクトなどの中・長期間的な目標を成功したときに行う会のことです。振り返りや反省の意味も込められていますが、打ち上げで大切なことは、最高に楽しいものであることです。

先日、プロジェクト案件をリリースした野倉GM率いる第1Gが最高の打ち上げで締めることができました。「あの時よく乗り切れたな」「もっとこうすれば良かったな」など次に繋がる振り返りもでき、場は盛り上がりました。そして何より、用意された食べ物がおいしくて心もお腹も満たされる時間を過ごせました。

こんな最高な打ち上げの計画を立てて動いてくれたメンバーによる座談会をお届けします。

 

最高な打ち上げは若手メンバーが行く買い出しにかかっている


中央:佐野 匠(sano takumi)
新卒入社2年目。コンサルティング事業部第1Gに所属。社会人2年目とは思えない見た目と知識で誰とでも話が盛り上がるディレクター。あだ名は課長、部長、社長の全役職を制覇している。
左:高橋 憲太郎(takahashi kentaro)
新卒でシューズメーカーに入社し東京で2年間営業をする。より多くの人に向けた問題解決ができる場を求めて2019年2月にagexに転職。コンサルティング事業部第1Gに所属。佐野とコンビでディレクター業務をこなす。
右:徳永 迅(tokunaga jin)
新卒入社1年目。コンサルティング事業部第2Gで育成され、第1Gで力を発揮している。音楽嗜好が特殊なエンジニア。ビジュアル系バンドマンのような見た目によらず、寂しがり屋。

 

ーー 打ち上げをするという話があがった時は、まずどのように思いましたか。

佐野
「ついに来たか」という感じでしたね。プロジェクトがあれば、毎回やりますし、皆さんがおいしそうに食べている顔が思い浮かびました。

お店探しはもともと好きなので、このお店だと「皆さんは喜んでくれるかな?」「おしゃれなお店がいいな?」とか思いながら企てていました!

高橋
その割には年末に決めた打ち上げ予定日を忘れてましたよね(笑)ぼく達ディレクターはこういったイベントを企画する側ですし、日常的にお店はチェックしていますよね。チェックしていたお店に行けるのもひとつの楽しみですよね!

佐野
完全に失念していました…(笑)今回はお店を予約する時間が厳しかったという経緯もあり、お店でなはく会社で気を遣わずにわいわい楽しもうってなったんですよね。

徳永
ぼくはプロジェクトの打ち上げは初めてのことだったので、「アピールの場が来た!」と野心を燃やしていました。特に今回は買い出しだったので、自分が選ぶものでその場が盛り上げたくて、必死に食べ物を探しました!

高橋
そんな熱い想いがあったんやね(笑)

何より今は打ち上げも成功して良かったなと思います。

 

 

ーー 何を買うのかなどを決めるときの判断材料は何でしたか。

佐野
やっぱり食べるときの顔や、食べ物を見たときのリアクションを思い浮かべて決めましたね。

徳永
「おいしい」「楽しい」「美しい」この3拍子が基準です!ぼくが考えた3拍子ですけど(笑)

あとは、唐揚げを選んだのは完全に野倉さんのためですね。

佐野
たしかに、それぞれ好きな食べ物は違うから、ひとりひとりの顔を思い浮かべながら選びましたね。

野倉さんは唐揚げとか、この人は自然派思考だから、オーガニックな食べ物を選ぶとか。

高橋
そういった意味でも、今回は中身も細かく選べるオードブルだったのは良かったですね!お店だと全員が好きな食べ物が出てくるのは難しいですし。

あと、この食べ物選んだらこんな会話ができそうやなっていうのも考えますよね。何からでも笑いにもっていくあたりは、さすが関西やなって思いますよ。ぼくは九州出身なのでいつも勉強させてもらっています(笑)

今回は、出汁巻き玉子が標的にされていましたね。大きさとか形とかツッコミ入れられてましたね(笑)

徳永
ぼくが選んで買ってきた出汁巻き玉子ですね!あれは食べたかっただけなというのもありますけど、見つけた瞬間に「出汁巻き玉子でかっ!これはおもろい!」って思いましたね!(笑)

高橋
ナイスセレクトでした(笑)やっぱ判断基準はみなさんの喜ぶ顔とリアクションですよね!

 

ーー 買ってきた食べ物に対する皆さんのリアクションはどうでしたか。

徳永
最高でした!

ネタにされる出汁巻き玉子に、食べられていく唐揚げたち。満足です!!

高橋
オードブルの内容も良くて、京都大丸で買ったということもあって、「いくらやったの?」と聞かれるくらいみなさん興奮していましたね!エビがすごい!とか(笑)

オードブルが崩れないように両手で支えながら丁寧に持って買ってきた甲斐がありました!

徳永
そうですね!この若手が行く買い出しが何よりも大切だって思います!「こういうことするのは下っ端の仕事だというのはおかしい」というマイナス意見を聞きますけど、こんなにすぐに相手の笑顔やリアクションを見れる仕事もなかなか無いですし、ぼくはやってやろうっていう前向きな気持ちが強いですね!

佐野
確かに、喜んでもらえると嬉しいよね。買い出しも楽しいし、いいことしかない!

あと、普段からお客様に喜んでもらいたいという想いで皆さん仕事をしていますし、お客様に寄り添ったコンサルティングをしているagexの根っこにあるものかなと思いますね。

徳永
次回も楽しみです!何かテーマ性を持たせても面白そうですね!「こういうテーマで選びました!どうぞ食べてください!」みたいな感じで。

高橋
何かインパクトがあるようなものを用意したいですね!

佐野
そうですね!今回は意外と予算的にもまだ余裕があったので、次回はさらに質を求めて皆さんの喜ぶ顔を見てみたいです!

おわり

この記事をシェアする
事業について詳しく知る

コンサルティング事業について詳しく知りたい方はこちら

たかはし けんたろうこの人が書いた記事を見る
コンサルティング事業部WEBディレクター

RECOMMEND

おすすめ記事