コンサルティング事業 2019.12.12

[イベント参加レポート]若手エンジニアのための技術カンファレンス Developers Boost 2019

んにちは、こさちーです。

今回は、イベント参加プチレポートについてシェアさせてください。
参加したイベントは、Developers Boost 2019です。

「Developers Boost(デブスト)」は、入門からハイエンドまでの技術書、Webメディア「CodeZine」、カンファレンス「Developers Summit」など、さまざまな媒体でITエンジニアの成長を応援してきた翔泳社が運営する、30歳以下(U30)の若手エンジニアのための技術カンファレンスです。
今回は「これが私の戦い方」をテーマに、試行錯誤しながら取り組んできた開発事例、困難を乗り越えてきた経験、これがあったからこそ切り開けたキャリア戦略など、さまざまな戦い方をシェアしてもらうことで、若手エンジニアのさらなる成長と交流をブーストします。

U30のエンジニア向けのイベントなので、
技術的な話が多いのかなと思っていたのですが、そうではなかったです。
エンジニアのキャリアやチームのこと、それから採用まで様々な話を聞くことができました。

> Developers Boost タイムテーブルはこちら

今回は、その中で面白かったセッションを1つ紹介します。

組織との「パーフェクトマッチ」を目指して ~エンジニアが採用にコミットした話~

登壇者

渡邉 亮[and factory]

and factory株式会社 Smartphone APP Division リードエンジニア

大学では航空宇宙工学を専攻し、SES、受託開発を経て2017年にand factoryにジョイン
その後、「マンガUP!」のAndroid開発を担当し、「Google Play Award 2018 エンターテインメント部門」を受賞
現在はリードエンジニアとして、現場のチームビルディングやエンジニア組織の改善、目標設定のレビュー、採用を主な業務の従事
エンジニアという背景を生かし、事業部のメンバーが帰属意識を持ってチームで成果を出していく過程を支援中

セッション概要

自分がand factoryにジョインしてからの2年で、モバイルエンジニアは8人から20人以上に増えました。当事者意識をもって採用に参加する傍、エンジニアの採用において判断の軸となる「WILL(チームに良い影響を与える可能性)」と「SKILL(業務を遂行する技術力)」の判断と、転職界隈の「エンジニア売り手市場」という課題に悩んできました。解決の糸口は「WHY」というコンセプトでした。このセッションでは、エンジニアによる採用の向き合い方についてお話しします。これをきっかけに会社の文化に影響を与える採用にコミットするエンジニアが増えることを願います。

セッションのポイント

このセッションでは、エンジニアの採用時に、
どのようにすれば選考に進んでもらえるのか入社後活躍してくれるのかということについて話されていました。

このセッションでのポイントは、
求職者が応募後に面接を経て会社入社を決めてもらうために、
面接時に会社を理解してもらうことに加えて、共感が生まれる必要があるということでした。

渡邉さんは、どうすれば共感が生まれるのか「WHY」をキーワードに採用活動に取り組んでいて、
大きく2つの軸から求職者へアプローチをしたそうです。

① 共感を生むための「WHY」

共感を生むために、なぜを起点に3つのステップで説明をするようにしているそうです。

たとえば求職者に、福利厚生がよくて勉強のための本も買えるという説明をしても、
メリットとしてとらえてくれますが会社への共感にはつながらない。

なので、以下のように会社説明する際にはなぜをもとに説明することで
会社の方針や理念を理解してもらえるように努めているそうです。

② 会社の説明を3つのポイントに分けて伝える。

また、会社の理念や方針を理解してもらい、共感が生まれるようにするために
会社を「組織(会社)」「部署やチーム」「個人」の3つに分けて順を追って説明されていたそうです。

まず、組織としてどういう理念方針を据えているのか。
その後に、部署やチームではその理念方針に対してどのように取り組んでいるのか。
最後に、個人としてはどのようなことができるのか。

というように順番を追って説明することで、個人の働き方に落とし込んで
理念方針を理解してもらえると話されていました。

セッションの感想

私がこのセッションに興味を持ったのは、
普段からエンジニアの採用って難しいということを聞いていたからです。

話をきいてみて、
売り手市場のエンジニアを採用するためには年収や待遇や働く環境ももちろん必要だけど、
やりたいことができたり会社の思想に共感できるみたいなところが大事なんだなと
改めて考えさせられました。

以上!

▽compass Adobe XD ユーザーフェス (京都)
https://event.shoeisha.jp/devboost/20191130
▽渡邉 亮さん紹介ページ
https://event.shoeisha.jp/devboost/20191130/session/2238/

この記事をシェアする
事業について詳しく知る

コンサルティング事業について詳しく知りたい方はこちら

コンサルティング事業部SQCディレクター

RECOMMEND

おすすめ記事