コンサルティング事業 2019.11.07

『星の王子さま』は大人が読むべき本!

私の大切な本『星の王子さま』を紹介します。
1943年にアメリカで出版されて、現在は世界200ヵ国で愛されているサン=テグジュペリの代表作です。
よく子ども向けコーナーに置かれているのを目にしますが、個人的には大人が読むべき本だと思います。
読むたびに感じ方が変化する、すてきな本です。

こんにちは。
子どもの心を忘れたくない たかはしです。

今回は、
私が一生大切にしたい本を紹介します。

その本はのタイトルは
『星の王子さま』です。

皆さんご存知の通り
サン=テグジュペリによって原作が書かれた
世界中で読まれている本です。

よく子どもの絵本コーナーで目にしますね。

私はこの本を大学1年生の時に読みましたが、
大人が読むべき本だと思っています!

 

『心で見なくてはよく見えない。いちばんたいせつなことは目に見えない。』

人は大人になる過程で
たくさんの経験や知識を得て大枠の価値観がつくられます。

しかし、その価値観は
「どんな服を着ているのか」「どんな仕事をしているのか」
「何円する豪邸なのか」「何歳なのか」などといった
外側に偏ってしまいがちです。

そして、その情報だけで
そのものごとが分かった気になっている。
でも、本当に大切なことは内側なんだ
ということを教えてくれる本です。


普段、通勤中に本を読みます。※周りには最大の注意を払っています。

 

星の王子さまの旅の話

この本は、子どもの心を持つ星の王子さまが
自分の星から地球に着くまでの旅の話を
主人公に話し、最後は星に帰っていくという物語です。

星の王子さまの星、
王さまがいる星、大物気取りがいる星、
酒びたり男がいる星、実業家がいる星、
点灯人がいる星、地理学者がいる星、
そして、地球という順番で星の王子さまは旅をします。

ちなみに、地球以外はその人しかいないような小さな星です。
(挿絵として描かれていて、かわいいです!)

各星にいる大人の価値観を聞いて
「大人って変だな。」「大人って、やっぱり変だな。」
と、星の王子さまがつぶやいていきます。

そんな、「変」な部分が自分に当てはまっていないか、
子どもの頃は見えていたものが見えなくなってはいないか、
と考えさせられる本です。


※周りには最大の注意を払っています。

 

大人って、やっぱりすごく変だな。

なかでも、私が印象的だった星のひとつは
酒びたり男のいる星です。

この星に着いた星の王子さまは、
酒びたり男にどうしてお酒を飲んでいるのか質問します。

 
 「恥じているのを忘れるため」男はうつむいて、打ち明けた。
 
 「何を恥じているの?」救ってあげたいと思って、王子さまはたずねた。
 
 「飲むことを恥じている!」酒びたり男はそう言うと、沈黙のなかに、完全に閉じこもった。
 
 
 王子さまは、どうしたらいいのかわからなくなって、その星をあとにした。

本文引用

そして、「大人って、やっぱりすごく変だな。」
と言いって星を飛び立ちます。


※周りには最大の注意を払っています。

私自身も今までたくさんの壁に当たってきました。
そして、その地点を自分の限界だと決めつけて
その自分に負い目を感じてしまうこともありました。
(私のような経験を持っている人は少なくないと思います。)

星の王子さまの価値観では、
その負い目を言い訳に繰り返す、ごまかす理由が分からない。
そして、魅力的じゃないそうです。
確かにその通りだと思います。

この箇所を読むたびに、
子どものように決めつけ偏見を持たずに
今の自分を見直してみようと思うことができます。

 

他にも心うたれる内容がたくさん

他にも心うたれる内容はたくさんあります。

嫌な言葉を言ってくるけど、行動は優しいバラ
人の行動を自分の手柄にしたがる王さま
井の中の蛙の大物気取り
お金にとりつかれている実業家
唯一、人のために行動しているけど自分の時間がない点灯人
「はかなさ」を教えてくれる地理学者
同じものでも人によっては特別な存在になることを教えてくれるキツネ
このキツネは、他にもたくさんのことを教えてくれます。
(個人的にはキツネがツボです。笑います(笑))

すぐに読める内容ですが、様々な捉え方ができます。
そして、大人が読むことで自分を振り返ることができ、
本当に大切なものを再認識できる本だと思います。

読むたびに感じ方が変化する
すてきな本です。

 

 

▽ 公式サイト
https://www.parcdupetitprince.com/

▽ 引用
『星の王子さま』サン=テグジュペリ著 河野万里子訳 新潮文庫出版

この記事をシェアする
事業について詳しく知る

コンサルティング事業について詳しく知りたい方はこちら

たかはし けんたろうこの人が書いた記事を見る
コンサルティング事業部WEBディレクター

RECOMMEND

おすすめ記事