SharingKyoto 事業 2019.09.30

【イベントレポート】9/7(土)第1回 これからの三重を考えるフォーラム

先日9月7日(土)に、株式会社アドリンクさまとの共催で「第1回 これからの三重を考えるフォーラム」を開催しました。ここではその内容や様子を、レポートとしてお伝えします!

【9/7(土)三重県にてフォーラムを開催しました!】

先日9/7(土)に三重県伊勢市にて、株式会社アドリンクさまとの共催で「第1回 これからの三重を考えるフォーラム」を開催いたしました!

そもそもこのフォーラムは、地方創生においてインバウンドが一つのキーワードとなる中で、株式会社アドリンクさまがインバウンドについて考えるきっかけ作りを行うため、各地で開催されているものです。今回は、そのフォーラムを三重県で開催するにあたって、共催として弊社も開催協力をさせていただきました。

京都府外の自社セミナーの開催としては初めてだったため、参加者の方にお集まりいただけるか不安もありましたが、当日は三重県内外から30名以上の方にご参加いただきました!

以下、当日の詳細な内容です。

 

フォーラム前半(講演)

はじめに株式会社アドリンク代表取締役の上治太紀さまより開催挨拶をいただき、いよいよフォーラム開始!

まずフォーラムの第一部として、3名のゲストスピーカーによるプレゼンテーションを約2時間行っていただきました。

最初にお話しいただいたのは、三重県 雇用経済部 観光局 観光政策課 主任である小塩 優也さまです。三重県での観光やインバウンドの動向についての概要を始めとし、そのような現状に基づいて県として実施している取り組みについて、データや具体的事例を挙げながらご紹介いただきました。

次に、株式会社伊勢志摩ツーリズムの代表取締役社長である 西田 宏治さまからお話しいただきました。「『伊勢志摩』を外国人から評価される国内有数の観光地とし、この地域の発展に貢献する」ことを目指し、2016年に設立された同社では、団体旅行営業や個人旅行、インバウンドのコンサルティングを中心に事業を展開されてきました。

伊勢志摩は実際に外国人の視点ではどのように見えているのか?伊勢志摩の魅力とは何か?西田さまご自身の体験ももとにしながら、お話しいただきました。

講演最後にお話しいただいたのは、株式会社リクルートライフスタイル じゃらんリサーチセンターのエリアプロデューサーを務める 佐藤 一喜さまです。

観光に関する研究や観光・地域振興支援、知見や情報の発信を行われている同社で得た知見を活かしながら、佐藤さまからはインバウンドの最近の動向や、各国の訪日外国人の傾向についてお話しいただきました。

観光やインバウンドの第一線で携わる3名の方からのご講演は勉強になる内容ばかり。参加者の多くが講演中にメモを取っている様子が印象的でした!みなさん、真剣に聞いていただいているのが分かりますね。

フォーラム後半(ワークショップ)

16時過ぎからの後半部ではグループに分かれ、三重県でPRしたいモノ/コトと、そのPR方法というテーマでワークショップを実施しました。今回はグループごとにターゲットの訪日外国人の属性(国籍・年齢・家族構成・宿泊スタイルなど)を細かく定め、みなさんには各ターゲットの特徴を共有してもらった上で、PRしたい三重県の魅力について活発な意見交換をしていただきました!

そしていよいよ最後の発表時間です。
計5チームより、順番にポスターを用いながら発表していただきました。

今回はターゲットもグループごとに異なるものだったため、発表内容も三者三様。それぞれ異なるアイディアやPR方法を提案していただく中で、どのグループの発表もそれぞれの三重への思いが伝わる良い発表だっだと思います。(三重の産業や観光に携わる方々ならではの視点で、京都から来ていた私たちが知らない三重の魅力についてもたくさん知ることができました!)

フォーラム最後には、弊社のSharing Kyoto事業部グループマネージャー坂本から閉会の挨拶を行い、フォーラム終了とさせていただきました。その後の懇親会にも多くの方にご出席いただき、参加者同士で交流いただけたようです。

19時過ぎには懇親会も終わり、無事フォーラムの全スケジュールが終了。14時半から19時までという長丁場でしたが、最後まで多くの方にご参加いただきました。ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!

 

フォーラムを終えて

三重県はインバウンドの需要が年々伸びているエリアで、特に2016年のサミット開催以降は全国的にも注目が高まるようになりました。

今回は講演やワークショップでの意見交流を通じて、そんな三重県の魅力や今後のあり方について、参加者の皆様に改めて考えていただく良い機会になったのではないでしょうか。 また、今回のフォーラムが参加者間で新たなつながりを生み、三重県のインバウンドを推進していく一助になればと思います。

京都や大阪など現在訪日外国人が集中的に訪れているエリアだけではなく、今後は三重などの近隣他府県エリアも含めて、関西一円が多くの人に訪れてもらえる・魅力を知ってもらえる地域になっていくといいですね!

この記事をシェアする
事業について詳しく知る

SharingKyoto 事業について詳しく知りたい方はこちら

RECOMMEND

おすすめ記事