コンサルティング事業 2019.09.10

MOTHERHOUSEの書籍出版記念イベントに行ってきた!

2019年9月8日にあったMOTHERHOUSEのイベントに行ってきました。
『"Third Way"出版記念 山口絵理子が語る、第3の道のつくり方』
MOTHERHOUSE代表取締役の山口絵理子さん、取締役副社長の山崎大祐さん、ハフポスト日本版編集長の竹下隆一郎さんが壇上に立ち出版される書籍について、"Third Way"について、会社についての想いを語る素敵なイベントでした。

こんにちは。
たかはしです。

難波まで、あるブランドのイベントに行ってきました!

私が考え方、取り組み方も尊敬する、
もちろん商品も大好きな
MOTHERHOUSE(マザーハウス)というブランドです。

今回のイベントは、3部構成に分かれていました。
1部:Meet the New World 2019あらためまして、マザーハウスです。
2部:”Third Way”出版記念 山口絵理子が語る、第3の道のつくり方
3部:関西10周年記念!サンクスファンミーティング

今回は、都合の合う2部のみに参加してきました!
(本当は全部行きたかったですが…。)

 

『途上国から世界に通用するブランドをつくる』

山口絵理子さんが25歳の時に
バングラデシュでジュートという素材からバッグをつくり
日本で販売したことで始まった会社です。
現在は、
バッグ、ジュエリー、アパレルと展開していて
国内外で直営約38店舗で販売しています。
(京都だと三条寺町店が会社から近くにありますね!)

公式HP|SHOP LIST

学生時代に途上国の現状を実際に見て
「手仕事」「フェアトレード」という言葉に違和感を感じたそうです。

その時に、

原材料ではなく、付加価値のある商品を。
「かわいそう」だからではなく、「かわいい、かっこいい」を。
途上国から世界に通用するブランドをつくる。

という考えを持ち
現在まで、自らが最前線に立ち
日本と工場を行き来しながらブランドをつくり上げてきたそうです。

私が、山口絵理子さんの半生を知ったのは、
ご本人の書かれた『裸でも生きる』という書籍を読んだときです。

既に、MOTHERHOUSEを知っていたのですが、
あたたかく、優しい印象を受ける商品からは
とても想像もできないような、
生半可でない、壮絶な半生で衝撃を受けたのを覚えています。
(私が25歳の時に読んだので、特に衝撃でした。)

 

“Third Way”

私が参加したイベントは
山口絵理子さんの新書籍出版記念のトークショーという内容でした。

竹下隆一郎さん

まず、
ハフポスト日本版編集長の竹下隆一郎さんが
書籍にしようと思ったきっかけから出版までの話や
現状の出版業界や、世の中のお話しがありました。

私が心に残っている内容は、

何事でも、分断が起きるというのは、
6(もしくは9)を上下対極の立場から見て
「6だ」「9だ」と主張しているようなもので
どちらも正しいことを言っていて、
どちらも間違ったことを言っている。
まずは、お互いを大好きにならないといけない。
そうすることで、物事が立体的に見えてくる。

という内容でした。
具体的な事例をもとに話していましたが、
分断を解決する難しさの本質を見れました。

山口絵理子さん

そして、
MOTHERHOUSE代表取締役の山口絵理子さんから
“Third Way”という考え方についてのお話しがありました。

“Third Way”とは、
AとBが衝突した時に、
C中間をとるのではなく、お互いのいいろことを引き出して
新しい第3の道を考えようという考え方でした。

お話しのなかで、心に残っているのは、

日本人は2つの衝突が起こった時その間をとるのは上手。
(黒と白が衝突すると、グレーという選択肢を選ぶように。)
しかし、そこから新しいものは生まれない。
どちらにもいいところがあるので、そこをお互いに生かすことが大事。
MOTHERHOUSEの商品では「固い」「柔らかい」を両立させている。
また、「途上国」「ブランド」も対極の関係だった。

という内容でした。
私も日本人なので何かが衝突した時に
無意識に間をとっていると思います。
それぞれには、いいところがあるからそこは失わないように
という内容が素敵だなと感じました。
また、山口絵理子さんは固定概念を壊せる人だそうで、
お話しだけでも圧倒されました。

他にも感動した内容がたくさんあって、
イベントが終わった後に心を整理するのに時間がかかりました…!
(素敵なブランドで、素敵な会社でした。)

 

大切な人への贈りもの

私の大好きなブランドなんですが、
実は、私自身は商品を持っていません…(笑)

今は大切な人たちへのプレゼントとして購入して、
とても大切に使ってくれています。


お店のスタッフもすごく丁寧な対応ですし、
何より、購入後のメンテナンスサービスが充実しています!
いつでもお店に商品を持っていくと、
無料でオイルを塗ってくれます。
ちょっとの傷も治してくれます。
※有料サービスもあり

公式HP|ケア・修理

さらに、愛着が出ていいですよね。

いつか、相応な人に成長できたときに
自分にもプレゼントしたいなと思います。

素敵なイベントでした。

ーーー
MOTHERHOUSE(マザーハウス)公式HP

☐ 『Third Way 第3の道のつくり方』山口絵理子 著:Amazon
☐ 『裸でも生きる』山口絵理子 著:Amazon

この記事をシェアする
事業について詳しく知る

コンサルティング事業について詳しく知りたい方はこちら

たかはし けんたろうこの人が書いた記事を見る
コンサルティング事業部WEBディレクター

RECOMMEND

おすすめ記事