コンサルティング事業 2019.08.29

リアル廃墟お化け屋敷に行ってみた

京都の四条河原町にある期間限定のお化け屋敷を紹介します。
リアル廃墟シリーズ「たろうちゃんのわすれものファイナル  -死条河原町-」
【日程/時間】
2019年・7月20日(土)〜8月31日(土)15:00〜21:00
※連日行列につき9月15日(日)まで延期決定!!!

みなさまこんにちは、見た目年齢40代の佐野です。

京都の繁華街、四条お化け屋敷をやっているとの情報を聞きつけ、
少しでも若者っぽいことをしようと、先輩のこさかさんと一緒に行ってみました!

その名も

たろうちゃんのわすれものファイナル  -死条河原町-
https://www.kyotopublic.or.jp/obakeyashiki/index.html

 

たろうちゃんって誰……?

おどろおどろしいタイトルですが、たろうちゃんって誰……?

調べたところ、今回で3回目になる人気シリーズのようです。
簡単にあらすじをご紹介すると、

 

-1作目  たろうちゃんのわすれもの-

元立誠小学校お化け屋敷 京都市都市整備公社

たろうちゃんが、大事にしている人形を学校にわすれてしまう

夜の学校に探しに行くも、見つからない

突如人体模型が動き出し、たろうちゃんは闇へと引きずり込まれてしまう……

 

-2作目  たろうちゃんのわすれもの2-

元・白川小学校お化け屋敷 京都市都市整備公社

たろうちゃんが、大事にしている人形を学校にわすれてしまう

その昔、鬼ごっこをしていた子供が失踪した事件を思い出す

突然現れた「おにごっこしましょ」の声の主に捕まってしまう……

 

-それでは今回のストーリーは……?-

こさか「ふむふむ」
佐野「パターンわかりました、わすれものを代わりに探してくればいいんですね。」

それでは今回のストーリーは……?

四条河原町の廃墟で人が消え、知人もその人の記憶をなくしてしまう、という都市伝説が広まっている

髪の長い女性がたろうちゃんを探している

話しかけると、女性は突如たろうちゃんのことを忘れてしまった……

佐野「たろうちゃんがわすれものしたんじゃなくて、たろうちゃんが忘れられてる~!!」

まさかの展開ですが、
今回は忘れられたたろうちゃんを救い出すのがミッションのようです。

 

普通に怖い


※写真は会場ではありません。

15:00開場なのですが、15:30に到着したところ長蛇の列
思っていた以上に、夏休み中の中学生くらいの子が多い印象です。

チケットを買って、順番待ちの控室まで1時間程度でした。
(ファストパスだったので、これでもかなり早い!)

 

内容はネタバレになるので詳しくはお伝え出来ませんが、

 

うわぁぁぁあああ!

きゃーーーーーー!

(バタバタバタ)

 

追っかけてきたー!

うおぉぉぉぉーー!

(どたどたどた)

 

こさか「はぁ……はぁ……」
佐野「背筋ひんやり、どころじゃないですね……」

 

という感じでした。

結論  大人になっても、追いかけられたら普通に怖い

 

なんと好評につき、9/15(日)まで期間延長とのこと!
さらにさらに、9/7(土)9/14(土)には、ついにたろうちゃんが出現!!
(今までは居なかったんかーい!)

 

お化け屋敷が好きな方も、そうでない方も、
京都にいらっしゃる方は是非、行ってみてくださいね!

この記事をシェアする
事業について詳しく知る

コンサルティング事業について詳しく知りたい方はこちら

RECOMMEND

おすすめ記事