システムソリューション事業 2019.10.10

テーマは恋愛、モーキャプ etc カテゴリ多様なピッチリレー!

先日参加した『カンブリアナイト』の登壇内容をご紹介
個人的に興味を掻き立てられたところを中心にお届けします!

 

視覚障がい者の「読む」能力を拡張するメガネ『OTON GLASS』(オトングラス)

OTON GLASS(オトングラス)は、視覚障がいによって文字を読むことが困難な方のために開発されたメガネ型の機器です。 読みたい文字のほうを向いてボタンを押すと、カメラが文字を撮影し、音声として読み上げてくれます。

出展:公式HP

個人的な興味ポイントは、OTON GLASSは眼科の先生たちにも応援してもらっているというお話し。

眼科の先生は「治療すること」で患者の課題を解決しますが、治療後のフォローアップには苦労されているそう(拡大読書器といった福祉機器は存在するものの、利便性で課題がある)。
一方で、OTON GLASSは“シンプルな操作性”や持ち運びのしやすさといった“利便性”で「治療後」の課題にもアプローチし、「患者のその後の生活を良くしてくれる」という点で、眼科の先生からも支持を得ているそうです。

※実はお話しを聞くまで「なぜメガネ型なんだろう?(スマホアプリで代替できるのでは?)」と思っていました。ですが、実際に製品を手に取ると、メガネ型であることですぐに使い方が理解できたし、高齢者の方だとスマホのタッチパネルが使い辛いというお話しを伺い、納得しました。

医療機関を含むサービス提供者全体で、ユーザーの生活をより良くしようとしている状況がビジネスとして素敵だなと感じました。

 

従業員のエンゲージメントを見える化する『Attuned』

Attunedは、「内発的動機」を「見える化」します。個人の「内発的動機」は行動や性格と比べて何年経っても変わらないもの。朝起きて「よし、今日も頑張って働こう!」と思う引き金が正にここにあるのです。チームのパフォーマンスとヤル気を上げたい。「内発的動機」が分かると勘に頼らずにデータに基いて実現できます。

出展:公式HP

こちらのピッチでは「価値観・モチベーション(が上がるスイッチ)は15歳頃からあまり変わらない」という内容に刺激を受けました。

行動のベースにあるのは性格。さらに性格のベースになっているのが価値観・モチベーション。このベースの部分は変わらないので、まずは自分の価値観・モチベーションを知り、次に相手(例えば部下)のそれを知る。自分と他人との差分を認識したうえでアプローチの仕方を考えよう、というお話しでした(Attunedは、それが勘や経験ではなく、数値・データで知ることができるツールです)。

いちサラリーマンとしても、いち子を持つ親としても、非常に考えさせられるお話しでした。

 

テクノロジーでスポーツの進化に貢献する、ニコンの『姿勢解析システム』

体の動きや姿勢を3Dデータとして撮影・画像処理し、数値化したり視点を変えて観察できるニコンの姿勢解析システム。

出展:公式HP

これ、すごいです。大がかりな機材や専用の撮影環境は不要、さらに体にマーカーを付けなくてもモーションキャプチャが撮れる技術。
たとえば実際の競技・練習環境でデータがとれるので、マウンド上のピッチャーの投球フォームを解析し、フォーム改善や球種による癖の修正等にも活用可能。

面白かったのが、この技術が民族舞踏などの伝統芸能の記録に活用したい、というニーズが出ていること。

スポーツに留まらず、色々な需要がありそうです!

※私の故郷・沖縄にも「エイサー」という、本土の盆踊りにあたる伝統芸能があります。お盆の時期になると地域の青年会単位で練習が始まるのですが、それなりの人数で実施するため、練習する環境作り自体にハードルがあるのではと想像しています。もしそうであれば、この技術はかなりのニーズがある…かもしれません。

 

AIによる恋愛アシスト『AILL』

気になる相手とのコミュニケーションを支援してくれるAIツールです。チャット上のやりとりを分析し、デートに誘うタイミングや盛り上がる話題を提供するなど徹底アシストします。

出展:「カンブリアナイト」イベントページ


株式会社AILL 代表取締役・豊嶋千奈さん

ぱっとは、よくある「出会い系アプリ」だと思っていたのですが(不勉強で大変失礼な表現ですが…汗)、そうではなく、こちら法人向けのアプリです。社員に対する福利厚生サービスとして展開しており、大手企業での導入実績もあるそうです。

toCではなくtoB、「福利厚生」という切り口が非常に新鮮で、非常に興味深くお話しを伺えました。

 

最後に

記事には書けていませんが、ビジネス立ち上げの原体験や、グロースさせる手法(とあるプロダクトは地方自治体を巻き込んで展開している)等、興味を掻き立てられるお話しは、他にも数多くありました。

これからも興味の感度(?)を上げ、面白そうなヒト、モノ、コトへのアンテナを高く持てるよう、インプットの幅を拡げていけたらなと思います。

この記事をシェアする
事業について詳しく知る

システムソリューション事業について詳しく知りたい方はこちら

RECOMMEND

おすすめ記事