コンサルティング事業 2019.08.06

宝塚歌劇のライブビューイングがおすすめで神って話。そして宙組オーシャンズ11が最高だった件。

以前は全く興味無かったのに、30代になってからドはまりしました。そんな宝塚歌劇ファン歴まだまだひよこ並みの私ですが「宝塚歌劇のライブビューイングが神って話」をお届けします。

先日、宙組「オーシャンズ11」の千秋楽を観てきました!
観てきたと行っても、今回は大津の映画館で。
(本当は東京宝塚劇場で観たい!)
(でも、千秋楽はチケット倍率激しすぎる!)
(というか、東京までは頻繁に行けない…!)
そんなとき、救世主として現れるのが「ライブビューイング様」!
宝塚歌劇団は東京で行われる千秋楽を映画館で全国中継してくれるのです。
ありがたや…!
そこで今回、宝塚歌劇をライブビューイングで観たらこんな感じ!
というのを書いてみたいと思います。
あと、オーシャンズ11の感想も少し書かせてください(๑´ڡ`๑)

 

目次

● 宝塚をライブビューイングで観たらこんな感じ!
● オーシャンズ11の一言感想
● 今後のオススメライブビューイング作品

 

大津の映画館でライブビューイング!

◆*。* 上演前*。*◆

まずは事前にコンビニでチケットを発行し、いざ映画館へ!
チケットをもぎってもらい、会場へGO!
スクリーン6には、真風氏演じるダニー・オーシャンのポスターが!
テンションがあがります。
中に入ると、まだ時間はたっぷりあるのに満員御礼。
スクリーンには中継されたオーシャンズ11の幕もあり、劇場に来た感覚に!
※注)ここで気をつけなくてはならないのは、映画館の場合、公演開始前後の写真も撮ってはいけません!
この写真は宝塚大劇場で公演前に撮ったものになります。私は既に大劇場で3回観ました。(お金がやばい☆)

 

◆*。*上演スタート!*。*◆

公演が始まると、もうそこはラスベガス!
オープニング♪の「FATE CITY」が始まると、圧倒的なかっこよさで旨の高鳴りはいっきに急上昇…!
※出典:公式HP<https://kageki.hankyu.co.jp/revue/2019/oceanseleven/gallery.html#photo>
このスーツ祭やばくないですか?!
完全に心を持ってかれます。
そして、ふかふかの座椅子で大画面のスクリーンで観られるのは幸せそのもの。
生きてて良かった!
でも映画館で拍手をしてはならない。
ここはぐっと我慢をして心で拍手を送ります。
※注)ライブビューイングの唯一の残念ポイントは拍手したり一緒に盛り上がれないこと…。
私は何回か隣の人に注意されたことがあります。焦 みなさん、気を付けてください。

 

◆*。*幕間休憩*。*◆

そして、あっという間に幕間休憩。
劇場と同様に30分の休憩が入ります。
もちろん、公演と同じく女性トイレは長蛇の列。
休憩時間にポップコーンを買い直すお客さんもちらほら。
これはライビュビューイングならではですね♪

 

◆*。*上演再開~終了まで*。*◆

上演が再開すると、アドリブ見せ場ありぃの、ショーありぃのいっきに展開していきます。
そして、あっという間に上演終了。
!!しかし、ここで終わりではありません。!!
千秋楽は作品の公演と共に、退団される方々のご挨拶があるのです。
トップさんが退団される際は、サヨナラショーもあります。
本来は公演開始から終わりまで、幕間休憩(30分)を含めて約3時間なのですが、
千秋楽は長い時で約4時間半くらいになります。
途中で抜けることも可能ですが、座席を立たれる方はほとんどいません。
本当に初めて千秋楽を観劇される方は、時間に余裕をもっておくことをオススメします。
退団される方々のご挨拶は、本当に笑顔いっぱいで清々しくて、とても温かな気持ちになります。
また、最後にトップさんからの挨拶があるのですが、
真風氏の場合は、劇中と終わってからのほのぼの感のギャップがすごい!
このギャップがたまらないのです。
是非是非、一度観ていただきたいなと思います!!

 

オーシャンズ11の一言感想

ラスベガスにあるカジノホテルを舞台に、11人の男達がホテル王を出し抜き金庫破りに挑むハリウッド映画「オーシャンズ11」。2011年の星組公演において、宝塚歌劇がこの作品を世界で初めてミュージカル化、2013年には花組で再演され、共に大好評を博したロマンチックで痛快なエンターテインメント大作です。

 

2011年の新人公演で主人公ダニー・オーシャンを演じた真風涼帆、親友ラスティーを演じた芹香斗亜が、この度の宙組公演において満を持して同役に挑戦。ヒロインのテスには、星風まどかが挑み、若きディーヴァを演じます。

 

クールでダンディーな男達が勢揃いして活躍するアクション・ミュージカルの傑作が、熱い再演希望の声にお応えし、更にパワーアップした姿で宝塚歌劇の舞台に甦ります。
※出典:公式HP<https://kageki.hankyu.co.jp/revue/2019/oceanseleven/index.html>

 

主人公・ダニー・オーシャンは凄腕の詐欺師
刑務所から仮出所してすぐ「仲間」を集めて、新たな仕事に取り掛かります。
※出典:公式HP<https://kageki.hankyu.co.jp/revue/2019/oceanseleven/gallery.html#photo>
真風氏演じるダニーオーシャンと、芹香さん演じる親友ラスティーを中心に、
任務を遂行していく姿は本当に痛快でした!
悪い奴らがさらに悪い奴らを追い詰めていくストーリーってすごくワクワクします。
そしてひたすらかっこいい。
最後に、この作品の好きなところはとっても前向きでポジティブなところです。
十万分の1の確率と
聞いていても試すのさ
俺の人生風が吹けば
当てるかもしれない

 

金だけじゃない愛だって
掴むことが出来るかも
彼女のハート風が吹けば
取り戻せるかも知れない
これは、真風氏演じるダニー・オーシャンの歌なのですが、
ダニー・オーシャンの自信あふれる大人の余裕が一番印象に残りました。
おそらく、影で努力しての自信なんだと思います。
その姿が真風さんと重なって、余計かっこよく見えたのでした。
※出典:公式HP<https://kageki.hankyu.co.jp/revue/2019/oceanseleven/gallery.html#photo
本当はもっともっと書きたいことはたくさん!
でも長くなるのでこのへんでε=ε=ε=ε=\(;・c_,・。)/

 

今後オススメのライブビューイング予定作品

ライブビューイングは今後も予定されています。
良かったら是非映画館へ足を運んでみてください♪もちろん劇場にも♪
雪組東京宝塚劇場公演
『壬生義士伝』『Music Revolution!』千秋楽ライブ中継
https://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventBundleCd=b1943727
♪こないだFNS歌謡祭で出演された雪組のみなさんが見れますよ♪
星組宝塚大劇場公演
『GOD OF STARS-食聖-』『Ecleir Brillant(エクレール ブリアン)』千秋楽ライブ中継
https://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventBundleCd=b1943548
♪トップスター紅ゆずるさんと、トップ娘役 綺咲愛里さんの退団作品となります。是非♪
この記事をシェアする
事業について詳しく知る

コンサルティング事業について詳しく知りたい方はこちら

RECOMMEND

おすすめ記事