コンサルティング事業 2019.07.11

2019年も山鉾が建ち始める|祇園祭

前祭山鉾建が7月10日から始まりました。
7月14日の完成日にむけて山鉾が建っていく様子は圧巻です。
本日は会社の近くで建てられている、鉾一番の菊水鉾と函谷鉾と月鉾の様子を優しい吉田さんが紹介してくれます。
※7月10日13:30頃の様子です。

こんにちは。
好きな本は星の王子さま、たかはしです。

京都も気温が暑くなってきました。
梅雨なので湿気もあり過ごしにくいです…。
外にはなかなか出る気になりません…。

こらーーーー!!!!!
祇園祭も熱くなってきてるで!
しかも、今は山鉾が建てられていて面白いんや!
今すぐ外に出て見てこんかい!!

 

よ、吉田さん….!
そういえば通勤中に木が組まれていました。
あれが山鉾なんですか??

そうや!
巡行の時は豪華な装飾がされるから
中身を見るのは今しかないんや!!
狭い道路でも、交通の多い道路でも関係なしに各山鉾町で建てられるで!

道路で!?
それはすごいですね!
ちょっと見てきます!!

 

菊水鉾

中京区室町通四条上ル菊水鉾町

前祭山鉾巡行で見事に鉾一番のくじをひいた菊水鉾です。
土台から建てられてるものかと思いましたが、菊水鉾は鉾から建てられていました。


(たかはし:ながーい!これがてっぺんに立つなんて….!)

警備員の方が車や通行人に注意喚起をしていました。
街全体を巻き込んだ行事です。

菊水鉾は鉾の先端に菊の花がつけられています。
この菊の花を取り付ける瞬間を見ることができました!


(たかはし:すごい瞬間!)

頑丈に!頑丈にや!!

 


(たかはし:鉾一番おめでとうございます!頑張ってください!)

 

月鉾

中京区四条通室町西入月鉾町

つぎは、人気の高い月鉾です。
今年は鉾三番です。


(たかはし:かっこいい!)

四条通の大きい道路で建てられています。
テレビの撮影もされていました。

はっぴには月のマークが入ってるんや!

 

函谷鉾

中京区四条烏丸西入ル函谷鉾町

最後に、函谷鉾です。
こちらは月鉾のほぼ向かいで建てられています。


(たかはし:すごい縄の量…。プロの技や!)


(たかはし:立派な木材!)

山鉾は土台をしっかりさせるために石持と呼ばれる頑丈な木材を使用いています。

土台がしっかりしていないと
高くそびえ立つ鉾は建てれないんや!

 

 

吉田さん!
建てられているところ本当にすごかったです!
また、明日も見に行きます!

職人技で建てられるからスピードもんやで!
通勤時も要注意や!

 

ーーー関連記事ーーー
2019年も祇園祭が楽しみ
(祇園祭の起源や見どころ、そしてスケジュールを吉田さんが優しく教えてくれます。)
2019年巡行の順番が決まる|祇園祭

(各山鉾の順番と豆知識を吉田さんが優しく教えてくれます。)
2019年も山鉾が建ってゆく(2日目)|祇園祭
(鉾一番の菊水鉾と鶏鉾と船鉾と放下鉾の様子を優しい吉田さんが紹介してくれます。※7月11日13:30頃(雨)の様子です。)

 

※吉田さんのキレキャラはブログ上の演出で、実際はすごく良い人です。
通勤時に見つけた祇園祭関連を写真に撮って、個別に送ってくれます。

この記事をシェアする
事業について詳しく知る

コンサルティング事業について詳しく知りたい方はこちら

たかはし けんたろうこの人が書いた記事を見る
コンサルティング事業部WEBディレクター

RECOMMEND

おすすめ記事