コンサルティング事業 2019.07.09

アイスブレイク

アイスブレイクとは、初対面の人同士が出会う時、その緊張をときほぐすための手法。集まった人を和ませ、コミュニケーションをとりやすい雰囲気を作り、そこに集まった目的の達成に積極的に関わってもらえるよう働きかける技術を指す。(wikipedia引用)

どうも、入社10ヶ月目ピチピチのエンジニア 山本みです。

 

中途でagexに入社して一番驚いた文化がこのアイスブレイク!

今まではお客さんとの打ち合わせや社内ミーティングでなんとなーく世間話することはあったのですが

agexでは社内外問わず、ミーティングではまいどまいどしっかりと時間をとってアイスブレイクしてます

そんなagexのアイスブレイクを入社1年未満の山本が紹介させていただきます

 

■ アイスブレイクとは

ご存知の方も多いかと思われますが、読んで字のごとし、氷を溶かす&壊すことです

人の緊張や不安を氷に例えており、それらを溶かそう、壊そうというもんですから、

 

なんともシャレおつな お言葉です

 

初対面同士の集団でなくとも、氷のように硬い雰囲気になりがちな会議では有効とされています

本題に入る前に緊張を和らげ、不安を取り除くことで

!)全員が意見を言いやすくなったり、

!)議論が盛り上がったり、

!)リラックスにより集中できたり、

!)全員の仲が深まったり、

とメリットだらけです

 

(カチッカチッカチッ)

「では、時間になりましたので、会議を始めましょう」

このようなスタートでは瞼と重力の戦いに集中しそうになります

(私の話でなく、あくまで一般論です

 

 

■ アイスブレイクで大切と思うこと

アイスブレイクをすることで、ミーティングに数多の恩恵を授けます

そんな恩恵を受けるためには

『アイスブレイクたるものこうであれ』

というのを3点にまとめてみました

ググればたくさん出てくるとは思いますが、

ここではagexのアイスブレイクを通して感じ学んだことを勝手にまとめます

1)新しい発見がある

氷を溶かす上で、ごくありふれた内容では魅力はありません、

むしろ既存の知識は睡魔を呼び寄せてしまいます

(私の話でなく、あくまで一般論です

 

気になっていたことや話題になっていることを少し掘り下げてみたり、

ちょっとした豆知識をクイズにしたりすることで頭を使います

ちょっとした発見や驚きをインプットするために頭を使い考えることで

会議に向けて準備運動をした状態で挑むことができます

 

2)みんなで参加できる

だれか一人の氷を溶かしても意味はなく、参加者全員の氷を溶かすことに意味があります

ただの情報発表会(一方通行)ではなく、

みんなで思ったこと感じたことを共有できるような時間にする必要があります

アイスブレイク中に発言することで、発言のハードルが下がり

本題でも全員が話しやすくなります、とても素敵ですね

 

3)盛り上がる

アイスブレイクが盛り上がれば、そのまま流れでミーティングも盛り上がります

全員が盛り上がるためには、全員が理解できる・興味が持てる・参加できる内容である必要があります

 

■ 実際のアイスブレイク

私よりもぴちぴちぴちエンジニアT君作
※GoogleSlideが埋め込めないため画像で失礼いたします。。

 ②

社内のグループミーティングで使用したものです

シンプルなスライドですが、内容は初心に帰るようなそんな内容となっておりました

まだ1年目のぴっちぴち新人なので、スライドもアイスブレイクも淡泊ですが

もっともっといいアイスブレイカーになれると信じています

 

さて、お次はT君よりはぴちぴちじゃないO君作
 ②

 ④

 ⑥

 ⑧

こちらも社内のグループミーティングで使用されたものです

O君は2年目ですが、いや~1年でこんなに変わるものなんですね、
スライドの情報量もしっかりしていてすごいですね

タイトルの改行が絶妙なのも、また乙ですね

(決してディスっているわけではありません、それもまた、O君のアイスブレイクと魅力でもあります

O君のアイスブレイクよりもその中でグループの人が発言した内容や知識のほうが面白かった、そんな印象です

(決してディスっているわけではありません、それもまた、…

 

 

最後に山本の力作!!!

 

実は私は彼らのようなアイスブレイクをしたことがないんですね~

 

言うは易く行うは難し、とりあえず皆さんもいいこと尽くしの

アイスブレイクにぜひともチャレンジしてみてください

この記事をシェアする
事業について詳しく知る

コンサルティング事業について詳しく知りたい方はこちら

コンサルティング事業部エンジニア

RECOMMEND

おすすめ記事