コンサルティング事業 2019.06.27

2019年も祇園祭が楽しみ

7月1日から祇園祭が始まります。
1100年以上続く八坂神社のお祭りで、京都の夏の風物詩です。
そんな祇園祭の起源や見どころ、そしてスケジュールを吉田さんが優しく教えてくれます。

こんにちは
九州男児のたかはしです!

もう今年も来週から7月で
京都では15,16日に祇園祭がありますね!

ちょっと待ったーー!!!
15日は宵々山、16日にあるのは宵山や!
そもそも祇園祭は7月1日から1ヵ月間ある!

よ、吉田さん!!
そうなんですか!
祇園祭についてもっと教えてください!

そんなことも知らんのか!
1100年以上続くお祭りで日本三大祭りの1つや!
祇園祭の起源から教えたろ!

 

八坂神社と祇園祭

祇園祭は八坂神社のお祭りや!
もともとは疫病が流行ったことが原因や!

八坂神社の祭神は
 ・素戔嗚尊(すさのおのみこと)
 ・櫛稲田姫命(くしいなだひめのみこと)
 ・八柱御子神(やはしらのみこがみ)
ですが、もともとは
 ・牛頭天王(こずてんのう)
を祀っていて祇園社祇園感神院(ぎおんかんじんいん)と呼ばれていました。

素戔嗚尊と牛頭天王は、
この世に恨みを遺して亡くなった怨霊の神とされています。

当時の日本は疫病が流行しており、
強い感染力のある病や天災の原因
この世に怨念を持つ霊の祟りであると考えられていました。

その激しく荒ぶる神も
崇めてきちんとお祀りして味方につければ
強力な御加護が得られるとも信じられていたので、
八坂神社がつくられたと言われています。

そして869年、都をはじめ全国に疫病が流行したとき
当時の国の数(66カ国)にちなんで、
神泉苑に66本の矛を立て
祇園社の神様を祀り
神輿を出して悪疫退散を祈った
というのが祇園祭の始まりだと言われています。


(たかはし:八坂神社には鉾の立てられた時計台があります!)

祇園祭が行われる季節は
もともと1年間で一番過ごしにくい
梅雨で雨が続き、終われば夏が来るという季節で
精神的にも体力的にも消耗する季節です。

つまり、流行病の蔓延が起こりやすい時期なので、
この時に祇園祭をするとも言われています。
(たかはし:台風や大雨の中でも、祇園祭をするというのはこういう理由があるんですね!)

 

祇園祭の見どころ

巡行が圧巻や!
あと、祇園祭期間中にきゅうりを食べることは厳禁や!

先祭は17日、後祭は24日に中京区を山と鉾が巡行します。

各山鉾町が建てた山鉾は大きいもので26mの高さまでになります。
(たかはし:写真で全身を移すにはだいぶ引いて撮らないと入りません!)

それぞれにご利益があり、そのほとんどに「厄除け・疫病除け」のご利益があります。
ここでも祇園祭の起源がしっかりと残っています。
(たかはし:各山鉾の説明は、くじ取り式の結果が出た時にします!)

そして、祇園祭の期間中に氏子さんとお祭り関係者の方は
きゅうりを食べてはいけないと言われています。
これは、きゅうりの断面が八坂神社の紋に似ているからだそうです。

(たかはし:きゅうりというか、ピーマンとかししとうな気がするのは私だけでしょうか。)

宵々山、宵山は出店が出るで!
ただ、人の多さには要注意や!

15日の宵々山と16日の宵山は、屋台や出店が出て賑わいます。
毎年40万人以上が訪れる日です。
(たかはし:私の地元は人口約1万人なので、恐ろしい…。)

なので、電車に乗るのもひと苦労。通勤時間と重なる夕方は特に大変です。

屋台や出店はその年のトレンドが出るので、
今年はタピオカがきっと出るでしょう!

 

2019年祇園祭スケジュール

祇園祭 7月1日(月)~7月31日(水)

行事 期間 場所
吉符入 7月1日~5日 各山鉾町
長刀鉾町お千度 7月1日 八坂神社
くじ取り式 7月2日 京都市役所
吉符入~長刀鉾稚児舞披露(太平の舞) 7月5日 長刀鉾保存会
綾傘鉾稚児社参 7月7日 八坂神社
前祭山鉾建 7月10日~14日 各鉾町
お迎え提灯 7月10日 八坂神社→河原町四条→市役所→寺町通→東大路通→神幸道→八坂神社
神輿洗 7月10日 八坂神社~四条大橋~八坂神社
前祭鉾曳き初め 7月12日~13日 各鉾町
稚児社参 7月13日 八坂神社
久世駒形稚児社参 7月13日 八坂神社
前祭屏風祭 7月14日~16日 山鉾町有志の町家
前祭宵山(宵々山) 7月14日~16日 各町内
伝統芸能奉納 7月15日 八坂神社
いけばな展 7月15日~17日 四条通り・祇園石段下~四条烏丸の有志の各店舗
献茶祭 7月16日 八坂神社
石見神楽の奉納 7月16日 八坂神社
前祭日和神楽 7月16日 各山鉾町~四条御旅所~各山鉾町
前祭山鉾巡行 7月17日 四条烏丸~四条河原町~市役所~烏丸御池~新町御池
神幸祭 神輿渡御 7月17日 八坂神社→石段下→四条御旅所
後祭山鉾建 7月18日~21日 後祭山鉾町
後祭鉾曳き初め 7月20日 後祭山鉾町
後祭宵山 7月21日~23日 後祭鉾町
煎茶献茶祭 7月23日 八坂神社
琵琶の奉納 7月23日 八坂神社
後祭山鉾巡行 7月24日 烏丸御池→河原町御池→四条河原町→四条烏丸
花傘巡行 7月24日 石段下→四条寺町→寺町御池→河原町御池→四条河原町→八坂神社
還幸祭 7月24日 四条御旅所→八坂神社
狂言奉納 7月25日 八坂神社
神輿洗 7月28日 八坂神社~四条大橋~八坂神社
神事済奉告祭 7月29日 八坂神社
疫神社夏越祭 7月31日 八坂神社

参考サイト:祇園祭2019 日程表|京都観光情報 KYOTOdesign

吉田さんありがとうございました!
やっぱり地元の人は詳しいですね!

あほか!!
おれは栃木県出身や!

え?(笑)
それでは来週からの祇園祭を楽しみにしましょう!!

 

ーーー関連記事ーーー
2019年巡行の順番が決まる|祇園祭
(各山鉾の順番と豆知識を吉田さんが優しく教えてくれます。)
2019年も山鉾が建ち始める|祇園祭
(鉾一番の菊水鉾と函谷鉾と月鉾の様子を優しい吉田さんが紹介してくれます。※7月10日13:30頃の様子です。)
2019年も山鉾が建ってゆく(2日目)|祇園祭
(鉾一番の菊水鉾と鶏鉾と船鉾と放下鉾の様子を優しい吉田さんが紹介してくれます。※7月11日13:30頃(雨)の様子です。)

 

※吉田さんのキレキャラはブログ上の演出で、実際はすごく良い人です。
笑顔が素敵なエンジニアです。

 

ーー参考文献ーー
・「祇園祭 京都文庫」芳井敬郎編著 発行所:松籟社 1994年7月17日初版発行
・「祇園祭のひみつ」山岡景一郎編集人兼発行人 発行所:白川書院 2018年7月11日発行

この記事をシェアする
事業について詳しく知る

コンサルティング事業について詳しく知りたい方はこちら

たかはし けんたろうこの人が書いた記事を見る
コンサルティング事業部WEBディレクター

RECOMMEND

おすすめ記事