コンサルティング事業 2019.06.06

こんなにも便利になる!?スマートホーム化して分かった便利だと思う3つの使用例

んにちは、こさちーです。

今回紹介するのは、
スマートスピーカーを使ったスマートホーム化についてです。

スマートホーム化という言葉を聞いて、
スマートホーム化をしたことがない人は大体こう思うはず。

お金がかかりそう、スマートホーム化にお金かけるなら他のもの買うよ」

「そもそも必要性を感じられない、だって今までなくても問題なかったし」

「何が変わるのかわからない

「設定が難しそう、時間がかかりそう、できるのか不安。。。」

私もスマートホーム化する前はこう思っていました。

ただ、スマートホーム化してみて思ったことは
本当に便利になった!」ということ。

1番は日常のちょっとした家電の操作を、
あなたの声で行なったり、スケジュールを組んで自動でON/OFFしたりと、
とても便利になるんです!

コスト面が少し不安に思うかもしれませんが、
スマートスピーカーは発売時より大幅にコストダウンしてますし、
その他の機器も安価で済ますことができます。

また、設定も思ったよりも簡単というのが使ってみての感想です。

じゃあ、実際にどの機器をつかってスマートホーム化しているのかを書きますね。

私が使っているのは、

「Amazon Alexa」「Link JapanMINI eRemote mini」

「Amazon Alexa」は、スマートスピーカーです。
スマートスピーカーは、声で操作できるAIを搭載したスピーカーです。
今だとより安価で3000円~6000円程度で購入できます。

出典:https://www.amazon.co.jp/dp/B072B5BTLK/

2つ目の「Link JapanMINI eRemote mini」は、
赤外線リモコンを登録して使うことができるスマートリモコンです。
このスマートリモコンがあることによって、
安価にスマートホーム化することができます。
スマートリモコンに登録する赤外線リモコンというのは、
既存のリモコン(TVのリモコンやエアコン、それから照明など)を登録して
スマホアプリやスマートスピーカーで操作することができるようになる優れもの。

出典:https://linkjapan.co.jp/product/eremote-series/

スマートスピーカーが日本に入りたての頃は、
スマートホームに対応している電球を購入したり、
対応していない家電にはネットにつなげるためのコンセントプラグを買ったり

いろいろな家電をネットにつなげようとすると
それだけでどんどん金額が膨らんでいました。

でもこのスマートリモコンは5900円程度で購入でき、
赤外線リモコンがついているTV・エアコンを複数登録して操作することができます!
(もちろん、リモコン付きの照明や扇風機も追加できます。)

この2つを組み合わせることで、
おうちにある赤外線リモコンの家電を、
外出先から操作したり、声で一括で消したりすることができるんです。

どんなふうに使えば便利か3つポイントをあげますね。

① 一声でまとめて家電をON/OFF!!

→ 電気やTV、エアコンなどの家電を1つの名称にまとめてON/OFFすることができる機能です。

例えばリビングという名前で、電気・TV・エアコンを登録しておけば
「リビング消して」というだけで、
電気・TV・エアコンを一括で消すことができます
特に仕事に出る前は、ドタバタしているので大変助かります。
家を出ようとしたときに「TVのリモコンがない!」という事態になっても一言でOK。

② 外出先から家電を操作できる

→ 私が紹介している赤外線リモコンは、
無料で取得できる専用のアプリを使って、外出先からも機器を操作することができます。

例えば、外出先から帰宅前にエアコンをONにしておけば、
帰ったときに部屋が暖かい!という状態にできます。
外出してから、「あれ?エアコン切ったかな?」と不安になっても、
アプリを立ち上げて消せばいいので安心できます。

③ タイマーにより自動で家電をON/OFFすることができる

→ 私はこの機能が一番気に入っています。すごく便利です。

タイマー機能というと、
エアコンであれば自動ON/OFF、TVはおやすみタイマーなどをイメージすると思います。
ただ今回紹介するLink JapanMINI eRemote miniは、
スマホで簡単に細かくスケジュール登録できるというところがすごいです。

例えば、平日の冬の朝起きる1時間前にエアコンをつけるように設定し、
仕事に出る時間には自動で消えるようにするみたいなことが可能。
使い方によっては、長期間家を空ける人であれば、タイマーで夜に電気をつけるようにすれば、空き巣対策・防犯にもなりそうです。

といった感じです。

実際の導入がどんな流れになるかは、長くなってしまうので今回のブログには書きませんが、
ぜひこの機会にスマートホーム化を検討してみてはどうかと思います!

■ 出典リンク:LinkJapan eRemote miniシリーズ / ロボスタ:「どこでもAlexa」の実現へ!Amazon Echo / Alexaがユーザの会話を正確に聴き取る最新技術、Alexa対応デバイス開発キットの概要

この記事をシェアする
事業について詳しく知る

コンサルティング事業について詳しく知りたい方はこちら

コンサルティング事業部SQCディレクター

RECOMMEND

おすすめ記事