SharingKyoto 事業 2019.05.22

越境EC代行サービス

越境EC代行サービス越境ECとは?
国境を越えて通信販売を行うオンラインショップのことです。近年有望なビジネス形態として日本でも注目を浴びています。私たちは、この越境EC代行サービスを通して、京都の良いものを世界へのコンセプトの元、ワンストップサービスでお客様の問題を解決します!

よくある4つの問題

 

① 言語の問題

 

社員に英語や中国語など、日本語以外の言語が出来る人がいなく、翻訳などはどうするのか?現地の人とコミュニケーションを取ることはある?あったらどうしたらいいの?

 

② お金の問題

 

決済方法ってどうなるの?代金回収はどうすればいいの?関税、為替の知識がないので、不安。

 

③ 運営の問題

 

どのショッピングサイトに掲載すればいいのかわからない。マーケティングの方法がわからない。

 

④ 物流の問題

 

現地にどうやって送るの?配送はどうするの?日本から送ったらどれくらい到着するまでどれくらいかかるの?お金はかかるの?

 

3つのサービス内容

 

私たちは、ワンストップで4つの問題を課題を解決します!

 

① コンサルティング・デジタルマーケティングサービス

 

市場調査から、マーケティング戦略立案、広告の提案と運用、アクセス分析を行います。

 

② 運用サービス

 

現地語翻訳、ランディングページ制作、コールセンター業務、決済カート、受発注管理を行います。

 

③ 物流サービス

 

日本からの定期便運用、在庫管理、現地での商品販売許認可取得支援、輸出支援を行います。

 

 

サービスの流れ

 

① ヒアリング

 

お店の課題や希望商品、目標、今後の事業展開などをヒアリングします。

 

② ご発注

 

商品数やご予算に応じて、プランの提案、申込作業に入ります。

 

③ データの確認

 

登録商品の情報や、オンラインショップ開設のための必要書類、サーベイシートを弊社フォーマットにご記入の上、ご提出いただきます。

 

④ リサーチの開始

 

登録商品の値付けや、商品と相性の良いオンラインショップの選定、サーベイシートからの広告の提案をさせていただきます。

 

⑤ 運用開始

 

オンラインショップに商品を掲載、運用を開始します。戦略に則り、広告運用も同時に開始します。

 

⑥ 定例ミーティングの実施・分析レポート提出

 

定例で、運用ミーティングを行います。また毎月の売上実績やランディングページのPVや広告の効果など、分析レポートを提出します。

 

料金

運用費用 月5万円~

オンラインショップ開設費用 10万円~

※ お客様のご予算に合わせて最適な提案を差し上げます。

 

事例紹介

  • EVERYTHING FROM.JP

西日本旅客鉄道株式会社と株式会社フェリシモの両社が立ち上げたインターネット販売事業「EVERYTHING FROM.JP」の東南アジア向け越境ECの運営代行をしています。

主に中国、台湾、アメリカ向けにネット販売をしていましたが、販路を拡大するにあたって勢いのある東南アジアに注目。日本の良いものを東南アジアの方々へ届けるお仕事をしています。

 

この記事をシェアする
事業について詳しく知る

SharingKyoto 事業について詳しく知りたい方はこちら

RECOMMEND

おすすめ記事