コンサルティング事業 2019.05.23

高橋 憲太郎<WEBディレクター>

2019年中途入社
コンサルティング事業部/第1グループ/ディレクター
高橋 憲太郎 1993年生
出身:大分県

agexではどのようなことをしていますか。

WEBディレクターをしています。

お客様とのミーティングを通して抱えている問題点を抽出し、社内会議で対策を考えお客様に解決策を提案しています。そして、実際に発注いただいた案件では、お客様とエンジニアやデザイナーの間に立ち、進行をしています。その中でも私は大学はデザイン専攻ということもありAdobeのXDを使い、ビジュアルに関わる案件を主にしています!

また、agexは仕事の内容でも私生活の内容でもひとりひとりに発言の場があり、聞くのも面白いですし、発言するのも楽しいです!あとは、会社の図書を借りて勉強したり、このサイトでは事業部の編集長として関わったり、色んなことで毎日が充実しています!

今までのバックグラウンドを教えてください。

生まれは京都市ですが、大分県の湯布院町で育ちました。

湯布院は温泉の観光地で、時間が止まったような癒される標高450mの小さな町です。 学校からの下校中は友達と川に入り、ビニール袋で追い込み漁業をして遊んだり、山菜見つけて 食べたりしてたので、都会育ちの人よりはサバイバルで生き残る自信はあります(笑)

学生時代は野球をしていました。小学校の頃、阪神タイガースの矢野燿大選手のキャッチャーミットに一目惚れして、ずっと捕手をやっていました!

大学ではデザインを専攻していました。プロダクトデザインや人間工学を勉強して、卒業研究は「新しいキャッチャー防具のデザイン」をしました。デッサンを描くのは得意です。

前社では神戸のシューズメーカーに新卒デザイン採用で入社しましたが、東京で営業をしていました。 東京での2年間はたくさんの刺激があり、色々勉強でした。20代で東京生活ができてすごく良かったです!

京都のいいところを教えてください。

京都は伝統を守りながらも、新しいものを取り入れている魅力的な土地です。京都でも伝統工芸が無くなっていく という厳しい話は聞きますが、それでも伝統工芸職人の方は明るい未来を考えて行動されていることを伺うと、京 都の歴史が高いレベルで守られている要因なんだろうなと思います。

また、生活面に関してはバランスのいい落ち着いた街だなと思います。大阪、神戸も近くそれぞれの街が役割を持 っていて関西全体で盛り上げている感じがします。なので、街に無理矢理感が無いのがいいですね。 ただ、引越ししたての時は近くにホームセンターや大きな家具を揃えるところが無くて困りました。(笑)

あなたの強みを教えてください。


私の強みは、「できない」と考えないことです!

大学でデザインの問題解決を専攻してをしていたこともあり、 基本「どうしたらできるのか」と考えるので色んな事に挑戦できています。 ただ、自信がある訳ではないのでどうすれば解決できるのか日々考えています。

これからも変わらず、たくさんのことに挑戦していきます!

※体育会系の根性論で「できる」と思い込んでいる訳ではありません…!

あなたの夢を教えてください。

将来は、「世界中の人のすてきなコトづくり」をします!

例えば、私は田舎で育ち、周りには様々な要因で「できない」と諦められていることがたくさんありました。せっかく思えた「やりたい」という気持ちを実際に行動に移せる人がより多くなれば、世の中は今よりもすてきになると思っています。

「できない」「諦める」という気持ちは田舎だけではなく、世の中にたくさんあります。「できない」などのマイナスな気持ちをプラスにできるのはクリエイティブの力だと思うので、私自身のクリエイティブを深めて、すてきなコトをたくさんつくっていきたいです!

チームから見た高橋憲太郎

# 寅さん # お休みの日もアクティブ # お菓子職人 # 爽やか営業マン # 仕事が早い # 仕事をとりにいくのも早い # まだ粗削りだけど頑張ってる # プリン

 

この記事をシェアする
事業について詳しく知る

コンサルティング事業について詳しく知りたい方はこちら

たかはし けんたろうこの人が書いた記事を見る
コンサルティング事業部WEBディレクター

RECOMMEND

おすすめ記事