コンサルティング事業 2021.02.18

デザイン思考を学ぶ前に観察について考えよう

ディレクターのたかはしです。

デザイン思考についてのお話、第2弾です。
今回は、デザイン思考を学ぶ前に観察について考えてみましょう。
というのも、デザイン思考は「モノを捉える力」がとても重要なのです。

第1弾はこちら

デザイン思考を学ぶ前にデザインについて考えよう
https://www.agex.co.jp/7375/

デザイン思考と聞くと、
付箋でアイデアを貼り出したり、プロトタイピングをしたりと
アウトプットのイメージが強いと思います。

では、デザイン思考をする人は何を判断基準にアウトプットをしているのでしょうか。
それは、デザイン思考のプロセスにある「共感」「問題提起」から得たものです。

フロー順なので、当たり前のことを言っていますね!
しかし、急にアイデア創出から始めてデザイン思考だ!って騒いでいる声もあるなと。

なので、判断基準となる「共感」が最重要ポイントだと考えています。
具体的にはフィールドワークや、インタビューなどを行い、
対象の潜在的欲求や、気付きを得ることで共感をしていきます。

素晴らしい共感を行うためには「モノを捉える力」がとても重要だということです。

 

デッサンでモノを捉える力を考える

そうです。美術大学、芸術大学のほとんどの入試科目であるデッサンのことです。
デッサン力を身に着けることは、モノを捉える力を身に着けることに繋がります。

私自身、大学受験のために画塾に通いました。
その時にデッサンを通して学んだことを紹介します。

 

対象物(モチーフ)は、ほとんど基本形の集合体

デッサンも、まずは基礎からです。
基礎として描く代表的なものは、立方体、球、円柱などでしょうか。
それぞれの光と影の入り方などを理解しながら学びます。

基礎ができるようになったら、
ついに、より複雑なモチーフをデッサンします。

例えば、ビンです。
ビンは基礎で学んだ基本形の集合で構成されていることが分かります。
この観察がとても重要になります。

そして、各基本形の光や影の入り方は基礎通りに表現することができます。

余談ですが、私の経験した実際の試験では、サザエが出題されました。
その時に初めて描きましたが、これも基本形の集合体です。

この捉える力は、デザイン思考のフィールドワークなど観察をする中で
「これ、〇〇に似ているな!」という気付きと同じです。

アイデアとは既存の要素と既存の要素の組み合わせと言われるように、
世の中にあるモノ・コトは何かと要素が共通していることが多いです。

観察において「何と共通しているのか?」という視点を持つことで
「共感」に必要な気付きを得やすくなります。

 

「そんな線は存在しない」

デッサンは鉛筆などを使い、モチーフを描くものです。
なので、デッサンはまず「嘘が無いか」という観点で評価されます。

デッサンもアートのようなイメージがあったので、
不正解があることに驚いた記憶があります。

あるデッサンの評価で、
「そんな線は存在しないから、これは嘘だね。」と言うのを聞きました。
境界線として描かれている線のことです。

皆さんもリンゴを持ち上げ確認してみてください。
確かに、いくら探してもリンゴにこんな線は存在しないんです!

境界線は、確かに線としては存在しておらず、
下のように、リンゴと空気の境目なんです。

なので、リンゴと空気の両方を描くことが、正しいです。

デッサンではモチーフに影響を及ぼしているモノも捉えて描かなければ嘘になります。
材質を描く、空気を描く、光や影を描く、反射を描く、重さを描く、遠近を描く。
人体が対象のときは骨格から理解してから描く。人間の目の錯覚を描く。

この様に、ものすごくモノを捉える力が必要になりますね。
(ちなみに、リンゴは真上から見ると基本五角形です。種の配置が影響しています。)
簡単なものは一度描くと、見なくても描けるようになるほど観察します。

デザイン思考のフィールドワークなどの調査でも同じです。
最初にフォーカスする対象はありますが、その対象に及ぼしている力に目を向けることで
潜在的欲求や気付きを得ることができます。

 

捉える力を身に着けて、デザインを楽しもう!

デザイン思考において重要な「モノを捉える力」を、
デッサンを通して紹介しました。

少し、飛躍した説明に感じた方もいるかもしれませんが、
大学入試試験でもデッサンが必須科目であるデザイン学科は多いです。

アートにおいても、デザインにおいても
モノゴトを捉える力は基礎能力とされていますし、
できると更に楽しくなると思います!

ただ、私も能力を身に着けるためにデッサンを描いてきた訳ではありません。
絵を描くことが好きだからに尽きます。
みなさんも肩を張らずに、デッサンを楽しんでいきましょう!

 

まとめ

・デザイン思考にはモノを捉える力がとても重要
・デッサンはモノを捉える力のインプットとアウトプットを鍛える
・リンゴは真上から見ると五角形
・みんなでデザインしよう!

この記事をシェアする
事業について詳しく知る

コンサルティング事業について詳しく知りたい方はこちら

たかはし けんたろうこの人が書いた記事を見る
コンサルティング事業部WEBディレクター

RECOMMEND

おすすめ記事