コンサルティング事業 2021.02.16

リモートでもできるアイスブレイク

みんなで盛り上がれて、オンラインでもできるアイスブレイクを5つご紹介いたします。

毎週金曜日のチームMTGでアイスブレイクを担当しています、吉田です。
エイジェックスには、MTGの初めにアイスブレイクをするという文化があります。

詳しい記事はこちら

「なにをやろうかな」と毎週選んでいるのですが、思った以上に盛り上がり、楽しくMTGが始められています。
そこで特に盛り上がった、リモートならではのアイスブレイクを5つご紹介していきます。

1.ジェスチャーゲーム

出題者  :1人
プレイヤー:1人
回答者  :その他の人

① 出題者がプレイヤーにチャットでお題を出題
② プレイヤーはお題をジェスチャーで表現する
② 回答者は回答する

順番にプレイヤーとなり、1分間で何個ジェスチャーできるかを競いました。
(回答者はわかったら絶対に答えるという前提のもとです!)

「空を飛ぶ志村けん」や「スカイツリーに上る人」など、複合型のお題を出すと難易度も高くておもしろかったです!

2. ジェスチャー伝言ゲーム

出題者  :1人
プレイヤー:そのほかの人
回答者  :1人

① 出題者が1人目のプレイヤーにチャットでお題を出題
② 1人目のプレイヤーは2人目のプレイヤーに対して、お題をジェスチャーで表現する
③ ②を最後のプレイヤーまで繰り返す
② 回答者は回答する

先ほどのジェスチャーゲームを少し難しくしたゲームです。
きちんとお題が回答者まで伝われば成功です。

前の人のジェスチャーをくみ取って次につなげてください。
「ゴリラとウサギが森でピクニックしています」など文章を長くして、難易度を調整してください。

3. ボブジテン

カタカナ語のお題「カタカナを一切使わず」に説明して当ててもらうゲームです

出題者  :1人
プレイヤー:1人
回答者  :その他の人

① 出題者がプレイヤーにチャットでカタカナの単語を出題
② プレイヤーはカタカナを使わず説明をする
② 回答者は回答する

こちらも、順番にプレイヤーとなり、1分間で何個説明できるかを競いました。

「みんなが大好きな国の料理で、窯を使って焼きます。小麦粉を発酵させて薄く平らにしたものの上に、赤い丸い野菜をつぶしてどろどろにしたものや、焼くと延びる牛乳からできる食料などを乗せて、窯で焼きます」

これが何だか分かりますか?

答えは「ピザ」です。

このような感じで、カタカナを使わず説明するのも難しく、答えるほうも想像力を働かせながら答えるので、連想ゲームのようで楽しいです!

4. 一致するまで終われまテン!

LOUNGEというオンラインでゲームができるサービスを使ったゲームです。

回答者  :全員

① 「サイト内の一致するまで終われまテン」をクリック
② お題が出るので回答するを押して、回答を書く
③ 回答を送付する
④ 回答が出そろったら、結果を表示する

全員の答えがそろったら、成功です!
これが意外とそろいません…
しかも一人だけ外れたときは責められます!

「定番のデートスポットといえば?」というお題に対して、「遊園地」「水族館」「鴨川」「港」と、世代間のギャップなどもあらわれるので、ワイワイ楽しめます。

5. 家の中のモノしりとり

回答者  :全員

① 家の中のモノでしりとりをする

ただそれだけのシンプルなゲームです!
私たちのチームは3分間で10個クリアするという目標を掲げてやっていました。
2回やったのですが、ギリギリクリアできずでした…

みんなで10個達成しようという目標があるので、連帯感も高まるゲームでおすすめです!

まとめ

リモートで盛り上がったアイスブレイクを5つご紹介しました!
特に人気だったのは、「1.ジェスチャーゲーム」と「5. 家の中のモノしりとり」です。
独特な表現をする人が現れたり、ヤイヤイ言いながら笑い合えたりするのでとても楽しかったです。

MTG中では見られない??無邪気な笑顔が見れるかもしれません!
是非やってみてください!

この記事をシェアする
事業について詳しく知る

コンサルティング事業について詳しく知りたい方はこちら

コンサルティング事業部新米ディレクター