コンサルティング事業 2021.02.04

新しい自分がみつかる感情日記「muute (ミュート)」

私が2021年で一番おすすめするアプリ、「muute (ミュート)」について勝手に紹介します!

職業柄、日ごろからいろんなサービスを使ってみようと心がけています。
もちろんclubhouseもインストールしました!

そんな中、clubhouseを抑えて、2021年一番おすすめしたいアプリを見つけました!

その名も「muute (ミュート)」です。
どんなアプリなのかや、おすすめポイントなど、”勝手に”紹介していきます!

(運営会社とは全く関係ありません!)

「muute」ってどんなアプリ?

感じたことや思ったことを日記のように自由に書き出し、自分の感情と思考を振り返ることで新しい自分を発見するための「ジャーナリングアプリ」

出展:muute (ミュート) – AIジャーナリング

ジャーナリングとは、頭に浮かんだことを文字にする「書く瞑想」とも言われている手法で、頭の中を整理したり、今の自分を振り返ったりするのに適しているものです。
でも、書くだけであれば紙に日記を書いたり、メモをつけていけばいいのでは?と思う方もいるでしょう。
このアプリの最大の特徴は、AIがジャーナリングをもとに分析しフィードバックをくれるところです!
どういう言葉をよく言っているのか、自分の感情はどういう要因で変化しているのかが分かります。


※画像はすべてブログ用に作成したサンプルです

日記をつけるだけでは分からない“客観的”な視点で自分を見れることがおもしろいです。

どうやって使うの?

使い方は簡単です!
①自分の今の感情を選択

②その感情がどういう因子で引き起こされているのかを選択

③今の思っていることを文字にする

そうすると、このように自分が考えていることが記録されていきます。

ここがおすすめ!

おすすめポイントはたくさんあるのですが、特にお気に入りの点を3つ紹介します。

① UIがキレイ

最初にインストールした動機が、UIがすごくきれいだったことです。
流体シェイプいいですよね。
色も洗練されてて、使っていてすごくしっくりきます。

② 自分が何を考えていたのかを、「レター」で届けてくれる

週に1回と月に1回、「レター」というかたちで、フィードバックが届きます。
今週はどういうことを考えていたのかや、感情のスコアがどれくらいだったのかなどを文章で届けてくれます。

これを読むのが楽しみで、書く動機にもなっています。

③ 感情のログが「クローズド」な環境で残せる

高校生の時から自分しか見れない(鍵付きの)SNSアカウントで、思ったことや考えたことを書くことはありました。
ただ、もともとオープンなサービスであることや、見返しにくいこともあり、ポンポンと書くことはしていなかったです。

その点、クローズドで自分だけのためのアプリなので、気兼ねなく書くことができます。
またフィードバックで、どう思ったのかを拾ってくれることで、偶発的に振り返ることもできます。

私は思ったことだけでなく、いいなと思ったYouTubeや言葉など、なんでもどんどん書いています!

まとめ

自分のことを自分の言葉で書くことで、頭の中がすごく整理されるのでオススメです!
皆さんも自分と対話することで、新しい自分をみつけてみませんか?

IOS版はコチラ
※android版は開発中とのことです

 


●ウェルビーイングに興味のある方はこちら↓の記事もいかがでしょうか?
最近よく聞く「well being」って何だろう?
「ウェルビーイング」と「ウェルネス」など、似たような概念の違いは?

この記事をシェアする
事業について詳しく知る

コンサルティング事業について詳しく知りたい方はこちら

コンサルティング事業部新米ディレクター

RECOMMEND

おすすめ記事