Buono!フジイ
ワーツマ暮らしのレシピ研究会
Buono!フジイ
2016/01/08

時短クッキング1~愛する電子レンジ編~

時短クッキング1~愛する電子レンジ編~

こんにちは。そしてあけましておめでとうございます、Buono!フジイです。
私は共働きで日々あくせくしながら働く主婦見習いでございます。

写真は実家のおせちですがこれが作れるようになりたい!その一心で日々料理の勉強中です。そんな私が実践している時短料理をご紹介したいと思います。


電子レンジを使って時短クッキング!

今日ご紹介する時短クッキングの主役は…

MYハウスではオーブンつきのものを使ってます(ちょっと自慢)
MYハウスではオーブンつきのものを使ってます(ちょっと自慢)

じゃーん。
そう、みなさんの家に絶対、いやきっとあるはず電子レンジ。

そして気になる材料はこちら。

お世話になってます。みんな大好き豚バラ肉。
お世話になってます。みんな大好き豚バラ肉。
スーパーでよく見かけるカット野菜(けっして手抜きではないよ、時短だよ。)
スーパーでよく見かけるカット野菜(けっして手抜きではないよ、時短だよ。)

そして彼らをワンラックアップさせる調味料を合わせると必要なものは4つ。
時短は料理時間に加えて買い物時間にも反映されている模様です。

必要な調味料はごま油と鶏ガラスープの粉末だけ。
必要な調味料はごま油と鶏ガラスープの粉末だけ。

いよいよ次は調理工程です!

さて、次はいよいよ調理工程です。
これを調理工程と言っていいものか悩みましたがはりきって紹介します。

まず大きめのお皿にカット野菜をのせます。

置き方は「自由」。ここは特に何も気にせずどうぞ。
置き方は「自由」。ここは特に何も気にせずどうぞ。

次に野菜の上に豚バラ肉をのせていきます。
ここも特に注意点はありません。
しいて言うなら少しデザイン性が問われるくらいです。(なーんて)

豚バラ肉をのせます。今回Bounoは円を描くようにのせました。
豚バラ肉をのせます。今回Bounoは円を描くようにのせました。

ここで調味料の登場です。
野菜と豚バラ肉をワンランクアップさせるごま油と鶏ガラスープの粉末です。

だいたいの分量(どちらも大匙1くらい)を豚バラ肉の上からまんべんなく
回しかけます。

※野菜と豚バラ肉の分量に合わせて調節してください。

ごま油、美しい。下の野菜にも少し意識してかけてます。
ごま油、美しい。下の野菜にも少し意識してかけてます。

なんとこれで調理工程は終了です!
お疲れさまでした。


いよいよ電子レンジの登場です!

いよいよ最後です。

最後にお皿全体がすべて覆われるようにサランラップをします。
ここで少しでも野菜や豚ばら肉がはみ出るとそこだけ生になるので注意です。

サランラップを「ふんわり」とする。「ふんわり」大事です。
サランラップを「ふんわり」とする。「ふんわり」大事です。

そしてついに電子レンジの登場です!

サランラップをしたお皿を電子レンジの中に入れます。
今日は500Wで5分30秒温めました。
あまり長くやりすぎると豚バラ肉がかたくなるので時間を見極めるのがポイントです。

「スタート」ボタンを押すのワクワクします。
「スタート」ボタンを押すのワクワクします。

チーン。(私の家のはピー)

できました!準備を始めてからここまでかかった時間なんと10分。
残業で帰るのが遅くなってしまったときなどの救世主ごはんです。

実はこれ朝ごはんの風景です。
実はこれ朝ごはんの風景です。

今回はポン酢&ゆず胡椒でいただきました。
かけるものでまた一味変化を楽しめます。よかったらみなさん一度お試しください。

これからも時短でおいしいレシピを探し続けていこうと思います。
ではまた!Grazie(グラッツィエ)!


▼参照書籍:作ってあげたい彼ごはん SHIORI (著)

このエントリーをはてなブックマークに追加