島袋 圭太
烏丸六角ディレクション研究会
島袋 圭太
2018/10/15

SU Kyoto Casual Meetup 参加メモ

SU Kyoto Casual Meetup 参加メモ

1972年。本田技研が低公害エンジン「CVCC」を発表した(らしい)10月11日。

会社のご近所、COCON KARASUMAのとあるフロアで開催されたイベントへ、

 ▽SU Kyoto Thursday Night Casual Meetup
 https://www.facebook.com/events/2076913259037489/


SU=Singularity University(シンギュラリティ大学)とは

シンギュラリティ大学とは、10月で10周年を迎えるグローバルコミュニティ。

「シンギュラリティ」とありますが、人工知能やAIの文脈で語られるそれとは異なり、飛躍的に発展するテクノロジーをどう使いこなすか?どうやってこの流れに乗るか?をテーマにしています。
また、「University」とありますが、大学ではありません。

創設者は、あの人工知能の世界的権威レイ・カーツワイル氏とXプライズ財団CEOのピーター・ディアマンティス氏。

本部がある場所はシリコンバレー、NASAの敷地内。「Google創設者のラリー・ペイジ氏が自転車で立ち寄るような環境」だとか。


SUのミッション

Our mission is to educate, inspire,
and empower leaders
to apply exponential technologies
to address humanity’s grand challenges.


世界の大きな課題(Global Gand Challenges)解決を念頭に、10年で10億人の生活を良くするスタートアップを生み出す事を目的としています。

具体的には、大企業とのプロジェクトの立ち上げ、スタートアップ支援(資金調達も含む)、さらに同じような志をもつ人々の人材育成やコミュニティ作りなど、『inspire, educate, & empower changemakers』の実現に向けたプログラムを提供しています。


SU Companies

SUからいくつものスタートアップが生まれています。
例えば、2011年に世界で初めてドローンで医療物資の輸送をはじめた「Matternet」。
https://www.popsci.com/technology/article/2011-08/introducing-matternet-quadcopter-network-deliveries-remote-locations

また無重力で3Dプリントする技術を開発した「Made In Space」など、食品、エネルギー、水、安全保障、健康、環境などグローバルな課題に取り組んでいる企業が多く生まれています。
https://su.org/portfolio-companies/


Kyoto Chapterとは

今回は、SU Kyoto Chapterのイベント。
Chapterとはざっくりとは「拠点」のようなもの。世界各国126箇所(2018年10月現在)。日本には東京、京都、沖縄の3つのChapterがあります。


Thursday Night Casual Meetup

私はSU Kyotoのイベントへの参加は2回目。以前は京都大学・亀井教授の“1/1000の人間を作るプロジェクト『Body on Chip』(ボディ・オン・チップ)”の回に参加していました。
http://keita-shimab.hatenablog.com/entry/2018/01/06/235200

これまでは、上記のようなゲストを招いたトークイベントがほとんどだったのですが、今回はゲスト無しのもっとカジュアルな「(トークイベント後の)歓談タイム」をメインにした回にみよう!という初の試みとのこと。


イベント参加者

運営を除くと、私を含めて5名。

・起業をされている方
・大手IT企業に勤められている方
・医学系の学生さん(プログラミングも学習するリケジョ)
・医学系の学生さん(スタンフォード大学へ留学予定)
・元魚屋・現Web屋(私)

学生さんは当然年下。後のお二人は私より年上。だけど、英語はペラペラ、話す内容も面白い。多くの知識と経験をお持ちで、何よりも好奇心と向上心が凄い方々。


Casual Meetup!

The Future Is Faster Than You Think

他己紹介のアイスブレイクを挟んだ後、創設者ピーター・ディアマンティス氏のプレゼンテーション「The Future Is Faster Than You Think」を聞き、あれやこれやディスカッション。

https://www.youtube.com/watch?v=FTTgdtl8FvM&feature=youtu.be

英語...内容全然分からず(苦笑)。

ただ、要所要所で SU Kyotoアンバサダーの Jun Sutoさんが解説を入れていただき、ポイントはつかめた(気がします)。

テクノロジーの発展により、モノやサービスを作り出すことの「コスト」が飛躍的に下がっている。お金然り、リソース然り、投下される時間然り。
例えばスタートアップの立ち上げ。2000年には5億円の資金が必要だったが、今は5万円あれば起業できる。
例えばネット人口。今は約40億人だけど、2020年から2025年の間にその倍になる。40億人になるまで何十年もかかっていたのに、今は数年あればその倍になる。

テクノロジーの発展により、思っているよりも速いスピードで、世界は変わろうとしている。

Jun Sutoさん
Jun Sutoさん


SUメンバーがリモート参加!

東京でディナー中のSUメンバーが緊急リモート参加。質問にも気さくに応えていただきました。

ご登場されたのはこちらの方々(英語なのでお話しの内容は私だけ理解できずですが...)

Dr. Michael Gillam
https://su.org/about/faculty/michael-gillam/

Pascal Finette
https://su.org/mentors/pascal-finette/

Patrick Newell
https://www.tokyoweekender.com/2014/11/patrick-newell-on-ted-in-tokyo-and-businesses-with-heart/


まとめ

先日参加したイベントで、ユカイ工学・青木さんのお話しを伺う機会がありました。
https://www.agex.co.jp/blog/direction/378/

その中で「人間の課題は何十万年も変わっていない。一方でその課題を解決するテクノロジーは日々進化を続けている。」「社会の変化はテクノロジーの変化によってもたらされるもの。今何がどう変わろうとしているのかは知っておいた方がいいし、そういう意味でもテクノロジーの変化には敏感でいた方がいい。」というお話しがありました。

今回のイベントに参加して、世の中に数多ある課題をテクノロジーが解決していること、そして世の中がどんどん変わっていることを実感できた気がします。

事前準備(知識)無く、ふらっと参加しましたが、得るものが多いイベントでした。
テクノロジーに興味・関心のある方におすすめです。

最新情報はfacebookグループから!
https://www.facebook.com/SingularityUKyoto/

このエントリーをはてなブックマークに追加