ホームブログ一覧「烏丸六角ディレクション研究会」のブログ一覧PHPカンファレンス2018 ブース出展に非エンジニアが参加した話
島袋 圭太(ディレクター)
烏丸六角ディレクション研究会
島袋 圭太(ディレクター)
2018/07/14

PHPカンファレンス2018 ブース出展に非エンジニアが参加した話

PHPカンファレンス2018 ブース出展に非エンジニアが参加した話

PHPカンファレンスとは?

年に一度、PHPに関わる人たちが参加するお祭り的イベント。セッションやLTが聞けたり、スポンサーの出展ブースで直接企業のエンジニアと話しができます。

私自身、参加したことのないイベントではあったものの、面白そうだったので運営スタッフとして参加してみました。結果、出展準備も当日の運営も楽しく多くの発見がありました、というお話。


ちなみに、このブログではイベントに参加した感想をつらつらと書こうと思っているので...

・agexがPHPを使ってどんな開発をしているのか知りたい方
・セッションやLTがどんな内容だったか知りたい方
・エンジニアの話が聞きたい方

上記のような方々には、読んでいただいてもあまり得ることはないと思います(悪しからずです)。


一方で、

・PHPカンファレンスのスポンサードブース出展に興味のある方
・バーコードバトラーに思い出をお持ちの中年諸氏
・非エンジニアの方

こちらの方々には、多少発見があるかもしれません(し、無いかもれません。悪しからずです)。


2つの事業部で協同出展、メンバーどうする?

今回、2つの事業部で1つのブースを協同出展するかたちとなりました。
運営メンバーは「やりたい!」と手を挙げた有志たち。
マネージャーやリーダー、メンバー(うち新卒3名)。職種はエンジニア、ディレクター、事業部運営スタッフと、多種多様なバックボーンを持つ混合チームが形成されました。


役割分担どうする?

10名ほどのメンバーを2つに分け、「ブースで何するか考えるチーム」と、「ブースの装飾もろもろを考えるチーム」とに役割分担。私は後者のチームに。


ブースで何をするのか

ばくっとは『バーコードバトラー』で遊ぶ、です。氏名でバーコードを生成してバトルします(バーコードはPHPで生成します)。


なぜ「バーコードバトラー」なのか?

これは確認したわけでは無く私個人の勝手解釈なのですが、“agex的「システム」の考え方” と ”今期の会社のテーマ” の2つの観点があるのかなと想像しています。

agexでは「システムは人の動きを含めた全部(その結果生み出されることも含めて)」みたいな考え方があります。コンピューターの動きだけではなく、人がどう動くか(ECサイトであれば、ユーザーや運用メンバーも含めた動き)、結果何がどうなるのか?に焦点を置いてシステム設計をします。
なので、ブースでは「来場者を何かしら動かすもの」を用意したい。という意図があった。と想像しています。

別の話しでは、今期の会社のテーマが「楽しもー!」みたいな感じです(※意訳)。

なので、PHPを使って、来場者が楽しく参加できる企画。ということで、PHPを使って氏名でバーコードを生成し、それで戦う「バーコードバトラー」と相成りました。と想像しています。


参考:バーコードバトラーとは、1991年にエポック社から発売された電子ゲーム機。30代前半の中年手前の男性には思い出深い商品です(社内では別名「おじさんホイホイ」と呼ばれていました)。


ブースの装飾もろもろをどうするか

Tシャツ、テーブルクロス、のぼり、ノベルティ。あと、会場で配布するチラシは欲しいよねーという話しになり、分からないながらも手探りで業者さんを探したり、入稿の段取りをしたり。
ここで新卒メンバーや事業部運営スタッフ、ディレクターアシスタントなど、社歴が浅めだったり日々の業務では裏方寄りのメンバーが大活躍。
時間が無いながらも、何とか一通りモノを揃えることができました。

私はチラシの担当。「楽しむ」がテーマなので、大好きな落書きの延長線でチラシが作れないか模索。
私はチラシの担当。「楽しむ」がテーマなので、大好きな落書きの延長線でチラシが作れないか模索。
その昔、バーコードバトラーをテーマにした漫画「バーコードファイター」が掲載されていた『コロコロコミック』をイメージした落書きに。むっちゃ楽しくなってきた。
その昔、バーコードバトラーをテーマにした漫画「バーコードファイター」が掲載されていた『コロコロコミック』をイメージした落書きに。むっちゃ楽しくなってきた。
運営メンバーにデザイナーがいなくて、最終的にはイラレが使えるエンジニアに色付け・コピーを入れてもらいフィニッシュ。
運営メンバーにデザイナーがいなくて、最終的にはイラレが使えるエンジニアに色付け・コピーを入れてもらいフィニッシュ。

いざカンファレンス当日

スポンサー
スポンサー
ブースは入り口入ってすぐと言う好立地(ラッキー)
ブースは入り口入ってすぐと言う好立地(ラッキー)
バーコードはテプラで出すよー(カタカタ...
バーコードはテプラで出すよー(カタカタ...
バーコードバトラー。「ピロリロロ~ピロリロロ~♪」という起動音がレトロ感あってとても良いです!
バーコードバトラー。「ピロリロロ~ピロリロロ~♪」という起動音がレトロ感あってとても良いです!
勝者にはお茶かチロルを進呈!
勝者にはお茶かチロルを進呈!
たくさんの方にご参加いただきました~♪
たくさんの方にご参加いただきました~♪
ブースの横ではアンカンファレンス(セッションは隣の会場)
ブースの横ではアンカンファレンス(セッションは隣の会場)
他社さんブースのPHPクイズにチャレンジしてみる偉い人たち
他社さんブースのPHPクイズにチャレンジしてみる偉い人たち
会場で配布されるチラシの中で、コロコロコミック風のチラシは弊社だけでした(笑
会場で配布されるチラシの中で、コロコロコミック風のチラシは弊社だけでした(笑

まとめ

今回、エンジニア向けイベントで「ディレクターができることあるのか?」と思いながらの運営スタッフ参加でしたが、結果いろいろやれることはありました。

当日までの段取りやMTGの場作りなどはプロジェクトと一緒だし、ブースに立って知らない方々と話すことも、普段お客様とやりとりしていることに通じるものがありました。

加えて、新しい発見もありました。
日々の開発やプロジェクトであれば、職種に基づいた(ある程度の)ポジショニングが存在します。しかし今回は、職種もバックボーンも事業部も異なるメンバーでの運営。当然、暗黙知のポジショニングは無く、やりながら・進めながらそれぞれが適当・適切に動きつつ、要所要所ではリーダーがチェックを入れて、それを踏まえつつそれぞれが “よしなに動く” 感じでした。こうなると個々人の動きが非常に重要になるのですが、そんな状況だからこそ見えてくる「あぁ、この人こんなところまで気にかけてくれるんだ」とか「この人こんなことまで出来るのかー」という発見。関わったメンバーそれぞれの新たな個性を認識することができました。


そして何よりも強く感じたのが「面白がる努力」の重要性。


“面白そうだから” と参加したものの、イベント出展の知見も無く、かつ日々の業務と並行しつつ、という制約のある中での運営でした。
正直なところ、多少負荷を感じたり、他の運営メンバーに明らかに負荷をかけたりする局面もありました。
そんな中でも、あーでもないこーでもないを言い合いながら「こっちの方がいいよね」「コストは...まぁ大丈夫。予算取ればいいか」「あ、スケジュールNGかも」「じゃ制作急ぎます!」“いいな” と思えることを大事にしつつ、理想と現実の狭間でもがいてみたり、チラシやテーブルクロス・ノベルティが出来てくるたびに「どんなんできた?」「お~こうなるかぁ(笑)」とニヤニヤしながら成果物に心弾ませたり。
面倒なことは横目に置きつつも、お互い頼り・頼られ、目の前のことを楽しむ。楽しもうとする。
そうやって取り組んだからこそ、総じて「楽しかった」「やってよかった」と感じることができたんだろうなぁと思いました。

「エンジニアのイベントだから...」と尻込みせず運営に手を挙げたおかげで、改めて色々な人と何かする楽しみ。新しいことに取り組む楽しみを再認識することができました。

来年も出展するなら、また手を挙げようかな。

このエントリーをはてなブックマークに追加